nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史のカケラ

ドミノ懇談室 - Lotus Notes 64bit 対応について
http://ncdomino.notescons.gr.jp/ncDisc.nsf/0/371C7DE0D313372D492572F00035385C

サポートがなかろうか切れてようが、使えているかどうか、それをまず答えてやりなさいよ。 その上で、補足として忠告や、サポート切れ云々を言ってやりゃいいのに。

 ドミノ懇談室を覗いてみたら、相も変わらず楽しそうな議論が盛んで思わずニヤニヤしてしまいました。

 これハタから横目で読んでる人は「どっちもどっちだよなぁ・・・(苦笑)」って感じだと思いますが、こういうのがあるので、たまにドミノ懇談室を覗く気になりますよね(趣味わるっ)。普通のQAは読んでてもあんまおもろないしな~。

パソコン通信の最大の醍醐味が、SIGのあちこちで発生する論争や喧嘩、罵倒合戦にあることはいうまでもありません。パソコン通信とは、一般社会ではめったに見られないほどの激馬鹿ウォッチングが可能なサファリパークであり、脳味噌小学生で一生過ごすことも可能な養老院であり、下品で汚いモノに新たな意味を付加してエンターテイメントの対象としてしまう衛生博物館でもあります。

というのは、Web2.0だろうがなんだろうが、普遍だよね(笑)。(教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史(1994(平成6年)/04/15)より

スポンサーサイト
  1. 2007/06/19(火) 01:11:19|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Notes定点観測(Jun 06)

 前回の定点観測が豊漁だった反動か、今回は定点観測にひっかっかった=考察対象たりうるNotesネタのエントリが実質ほぼ1こしかないという状態でした。。。

えふとろん: 編集可能なハイパーテキスト
http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2007/05/post_459d.html

ノーツといえば実身/仮身の感覚に結構近い「編集可能なハイパーテキスト環境」が共同で管理できるというのが、クライアントサイドから見た最大の利点ですな。

 そう、これはなかなかない。Notesの世界で言う「リッチテキスト」と言うのは、エンドユーザにとってはかなり敷居の低いリッチコンテンツ制作環境です。

 ただ、表とか画像、レイアウトの扱いは、10年前の古さがいまだに残っているという、Lotus開発陣はなにしてたの?みたいな感じで、使ってて非常に古くささが目につきます。

 じゃあ、モダンなリッチテキスト編集画面というのは、どんなものか? と言われてぱっと思いついたのは、MS OneNoteの編集画面でした。あと、リッチテキストとはちょっと違いますが、一般の人にとってもっとも身近なリッチテキストエディターは、やはりExcelでしょう。Excelのワークシートが1文書になってて共有できるExcel Notesみたいな機能出せば「使いやすい!」とか言う人結構いるんじゃん?(バカっぽいけど・苦笑)

latticeの世間話 - MicrosoftとYahoo!が合併?
http://d.hatena.ne.jp/lattice/20070505/1178387194

 ちょっと意味合いが違うかもしれないが、IBMがPCのネット分野を手中に収めたくて、Lotusを買収したことがあった。Lotusという会社や表計算の1-2-3を欲しいのではなく、グループウェアのLotus Notesが欲しかったからだと言われた。しかし買収後、あっというまにインターネットブームからイントラネットの時代になり、グループウェアなどは吹き飛んでしまった。MicrosoftとYahoo!も合併したところで、日本の銀行合併みたいなもので、何か目新しいサービスが期待できるような気はしない。

 吹き飛ばないようにすることもできたはずなのに。

  1. 2007/06/06(水) 01:12:08|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

記事別アクセスランキング(2007/05/01~05/31)

前回に引き続きまたやってみたいと思います。5月のエントリ数は8でした。

1位: 汎用Excel出力スクリプト (2005/05/08)

 コメント:またいつものランキングに戻ってしまいました。。。情報の再利用がうまくいってるというのは、悪いことではないんですけどね。過去のヒット曲の呪縛に悩まされる歌手の気持ち?(笑)

2位: Notes定点観測(May, 03)(2007/05/03)

 コメント:ド壺の中の人の「リンク貼ったら教えて欲しい」というご意見を採り入れ、リンク先にリンクしたことを通知してみました。コメントを見る限り、トラバ先からはスパム扱いされなかったみたいでホッほっとしました。でもやっぱトラバうつのって、ちょっとめんどくさい(笑)。

3位: Notes カレンダから Google カレンダへイベントを登録する (2007/01/31)

 コメント:Googleカレンダ、かなりキてますね。

4位: Web用カレンダ入力ダイアログ(2005/06/13)

 コメント:コンポジットなんとかよりか、これN/D8の新機能にした方がクライアントの皆様は喜ぶってこと?

5位: ダサくないWeb用チェックボックス(2007/05/12)

 コメント:この記事のコメントにも書きましたが、Webのオープンさや汎用性と、ラクにアプリが設計できるDominoの開発生産性とが、もう少しうまく融合してくれるといいなぁと思います。

  1. 2007/06/05(火) 01:03:47|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オシャレじゃないデータ構造

Mozilla 24 のサイトがいまいちな件 - えむもじら
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20070601_Mozilla24

リニューアルしていた Mozilla 24 のサイト、Opera な人からはかなり 辛口なコメントが付いているようだが、サイトを開いた瞬間、かなりがっかりしたのは事実。コンテンツ以前に、そのデザインが。

 先日のエントリで、HTMLのデータ構造がイマイチなWebサイトは、ヘンなデザインになりがちで、見てて気持ち悪い。という話をしました。こんなことをいちいち書き立てるのはイヤミっぽいかなーとか思ったりもしたのですが、やっぱ気持ち悪いものは気持ち悪いのだ! なんとかしろ!>オルタブログ!!(笑)

 っていうか、Web2.0がどうとか語ってるブログのデータ構造がWeb2.0を構成する部品である”汎用的なデータ構造”からかけ離れているというのは、非常に皮肉な話というか、超バカっぽい。ジョークならちょっと面白いと思うよ(w

 話は変わりますが、Geekな書籍で有名な Tim O'Reilly さんが、MySQL ユーザーカンファレンス2006の基調講演でWeb2.0やらセマンティクスやらの話をした後で、

The meaning drives the structure of the database.
(情報の意味それ自体が、データベースの構造を決定するのだ)

みたいな話をしていたのを思い出しました。そう、データそのものが持つ”意味”とかけ離れたデータ”構造”というのは効率的ではない。っていうか、気持ち悪い。

 この講演自体はFlickrとかを例に膨大なデータをどう取り扱っていくかというテーマのお話なのですが、情報共有をいかに効率的・生産的に行うかという観点はN/Dの世界と何ら変わるものではありません。

 まぁ、Web2.0とかセマンティクスなんて言葉を使うと一気につまらなくなるけど、オシャレなデータ構造とイケてるデザインは表裏一体っていうことですよ(笑)。


(関連)Open Source Conversations: Tim O'Reilly
http://osc.gigavox.com/shows/detail1641.html

  1. 2007/06/02(土) 12:03:01|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

LotusScript入門

Accel Works Developer Java入門 LotusScript入門
http://www2.ocn.ne.jp/~notes/devtop.html#lotus

LotusScriptの入門講座です。
サンプルを作りながら勉強していきましょう。
入門編、アプリケーション編の順に解説していきます。

 LotusScript入門テキストon the webです。若干読みにくいですが、、、。

 話はそれますが、このサイトに限らず、Notes関係者に特に顕著なんですが、こう、古い感じのHTMLを書くひと多いですよね。ブログ全盛になってから、さすがにサイト全体がテーブルタグの固まりみたいなWebサイトは減りましたが、、、。

 最近だと目に付くのはオルタナティブブログですかね。あそこは誰も彼もがM$ Wordが吐き出したみたいな、ベタベタした文字の装飾のエントリが多くて、なんか見てて痛々しい気がしません? これとかなに? 釣り? 釣られるかクマーとか言えばいいの・・・?

 っていうか、オルタナティブブログに書いてる人ってこんな感じのハイパーテキストが書けないシロウトさんばっかなんだから、もうちょっと気の利いたモノ用意しなさいよ>ITMedia。

 念のために付言すると、ブログやサイトの内容の話じゃなくて、HTML文書というデータ面から見たデータ構造の話ね。。。

  1. 2007/05/30(水) 02:21:32|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。