nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

@関数のループ処理を使いこなすには

 Looping Tricks for IBM Lotus Notes and Domino Developers

 Notes/Dominoの開発者の多くにとって、いちばんの実装して欲しい機能のひとつだったのが、@関数へのループ処理だ。そして、それはND6において、やっと実装された。3つの関数を使ってループ処理を実現できるようになったのだ。@For, @DoWhile, @While の3つだ。

@While と @DoWhile

 @While と @DoWhile は、基本的には同じものだ。同じ引数を必要とするが、しかし、違う命令なのだ。条件は次のようなものだ。

@While(test condition; code to run)

 または、

@DoWhile(code to run; test condition)

 テスト条件(test condition)は、コードを実行するために、必ず True を返す必要がある。そして、false になると実行を中止する。

 @While と @DoWhile との間の主な違いは、@While はテスト条件を最初にテストし、True が帰ってきたら、再度コードを実行する。それに対して、@DoWhile はコードを実行し、もう一度コードを実行するべきかどうか判断するために、テスト条件をテストするのだ。簡単に言うと、@While = テストしてから実行し、@DoWhile = 実行してからテストする、となる。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/24(火) 01:07:30|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
04 | 2005/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。