nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ノーツの女神

Admins.png

Notes Goddess - Work, Food and Life

 ノーツの女神。新着ブログです。この名前だけで気に入ってしまったのですが。なんか、女神の DTP みたいで。「女神の DTP」のイメージが Adobe Illustrator のスプラッシュ(起動画面)に出てくる女性だとしたら、Notes だとさしずめこれの左の女性でしょうか(えー?・笑)。

 先日のイントロダクションでは、Lotus/IBM に所属する Susan Bulloch の自己紹介があり、食べるのと料理と旅行が好きで、Domino Administrator が専門らしいです。

 そして、本日から The Philosphy of Notes Admin - Part 1(Notes管理の哲学 - パート1) を書き始めています。いきなり哲学ですか。さすが女神です(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/29(水) 01:37:46|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Workplace Designer 2.5 pre-release 提供開始

IBM offers free download of Workplace Designer 2.5 pre-release

 月曜日に、IBM(訳注:もち .com の方ね。)は、IBM Workplace Designer 2.5 の試用ダウンロードを開始する予定だ。Domino デザイナーのコンセプトを J2EE とサービス指向アーキテクチャに持って行く Eclipse ベースのツールだ。プレリリースのダウンロードは、IBM の developer's site で八月いっぱいの間、無料で可能になる予定だ。

 "我々はこの Workplace Designer 2.5 のプレリリースをできるだけ多くの手を借りるために、二ヶ月に渡って開発者コミュニティに寄与するつもりだ。"というのは、IBM Workplace アプリケーションプラットフォームのプログラムディレクターの Dirk Nicol だ。"開発者は 60 日間好きなように使うことが出来る"。そして、八月に IBM は製品をリリースする。

 Domino 開発者は、Workplace Designer に移行する必要はない。しかし、J2EE に自分のエリアを拡げる必要がある Domino 開発者にとっては、"Domino デザイナーで培ってきたスキルと経験を、少し勉強するだけで前進させることが可能だ。開発者は XML や Java プログラミング、または IBM Worplace Designer 2.5 で IBM Workplace サーバに Workplace ビジネスコンポーネントを作成するポータルのテクノロジーについて詳しく知る必要はありません。"

 Workplace Designer は Javascript をベースにしんたスクリプトツールです。しかしながら、Domino Designer と同じビュー、データコネクション、そしてロジックを共有しているので、Domino 開発者は馴染みのあるメソッドを使うことで Workplace コンポーネントを作成することができるでしょう。"Domino Designer とほとんど同じに見えるでしょう。同じアイコン、同じウィンドウペインとか。例えば、我々は Javascript を採用しそれを@関数と似たような構造、文法に拡張しました"と Nicol。

 ひとつ違う点、そして優れている点をあげると、Nicol 曰く、Workplace Designer ではすべてのコンポーネントは XML ベースで作成されているというところでしょう。

 Workplace Designer を使うと、"Eclipse ベースの多くの機能を利用することができます。コードコンプリート、いま書いているクラスの中のオブジェクトやクラスの色分け、そして先進的なIDE エクスペリエンス。それをDomino 開発者コミュニティに寄与しようと言うわけだ。"

 IBM は Workplace Designer を VB のコミュニティにもアプローチさせたいみたいだ。"最近、Microsoft は VB6 のサポートをやめて .Net へ移行するようアナウンスした。そして VB コミュニティは問題に直面している。もし彼らが J2EE をサポートしている環境スクリプト環境へ移行したいのであればシームレスな移行が可能だろう。"

 Workplace Designer は Workplace 製品群の一部だ。その中には、Notes/Domino, Websphere portal ファミリー、Workplace Collaborative Services などが含まれる。新しいツールセットは、プログラム不要なカスタム開発ツールである Workplace Builder にフィットするようデザインされている。

 その間、IBM は alphaWorks で開発者のためツールを発表するだろう。Collaborative Component Wizard for IBM Workplace Applications は、IBM Workplace コンポーネントを作成する最初に開発者を手助けするウィザード機能を提供する IBM Rational Application Developer 用のプラグインだ。このツールは、http://www.alphaworks.ibm.com/tech/wcswizard でダウンロードできる。

====引用ここまで====


 javascript がベースになっているというのは、XUL(ずーる) に似てますね。あと、Domino デザイナーの醜悪な UI は踏襲しないでいいいです(笑)。

 おそらく WD2.5 では nsf の開発はできない(?)と思うので、とりあえず使ってみるとか言う予定はないのですが、IBM Workplace Services Express Version 2.0 ライセンスプレゼントキャンペーンみたいに、"Now available worldwide except Japan(日本以外の全世界でキャンペーン実施中!)"みたいなことにならないことを祈るばかりです。っつーか、ちゃんと仕事してよ・・・>ibm.co.jp 。。。

  1. 2005/06/27(月) 00:16:31|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

LS2J 機能の利用方法サンプルDB

LS2Jprogressbars.png

LS2J Examples Database

 これは、LS2J テクノロジーを使うための方法をいくつかデモするためのエージェントとスクリプトライブラリが入っている DB です。LS2J というのは、Lotusscript から Java のクラスをコールするための機能で、 Notes 6 のヘルプでも LS2J として紹介されています。この DB に含まれるサンプル:

  • サーバに FTP コネクションを確立して、ファイルやディレクトリをリスト表示して、ファイルをダウンロードするためのエージェント。LS2J を使えば、マルチプラットフォームな FTP クライアント操作を実現することができる(Windows の DLL を Lotusscript にコールさせなくていいから)。
  • Lotusscript で正規表現を実現するエージェント。正規表現についてはここでは詳述しませんが、もし使ったことなかったら、DB の中の例を簡単なものにしたつもりなので、見てみてください。
  • JPEG イメージファイルをリサイズ、回転、あるいは操作するエージェント。これは、LS2J がLotusscript で Java のマルチスレッドをどう扱うかについての例でもあります。
  • Lotusscript のエージェントの作業状況を表示する Java の AWT プログレスバーを出すエージェント(バージョン 1.1 で追加されました)。[スクリーンショット]
  • 次の要素のうちのいくつか、またはすべての要素において、非モーダルダイアログを表示するエージェント。複数行テキストメッセージや、スクロールテキストエリア、プログレスバー、キャンセルボタン等々。ダイアログは、エージェントがバックグラウンドで実行されている間に表示することができ、そして、アップデートすることが可能です(バージョン 1.2 で追加されました)。[スクリーンショット]

=> LS2JExamples1_2.zip <=

====引用ここまで====


 zip ファイルのダウンロードやスクリーンショットをご覧になる場合は、いちばん上のリンク先からドゾ。

 昨日のエントリで、N/D6 からプログレスバー機能が実装されたと書いてしまったのですが、それは間違いで、N/D6 から実装された LS2J(LotusScript to Java) で、Java の Abstract Window Toolkit (AWT) をコールすればプログレスバー機能も実装できないことはない(控えめ・苦笑)。というのが正解でした。ごめんなさい~。で、blogsphere で実装されているプログレスバーというのは、この LS2J Examples Database から拝借した機能でした。

 この件をご指摘頂いた NDOMINO-S さん、ありがとうございました。

  1. 2005/06/25(土) 02:37:14|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

BlogSphere R2 Beta 7 リリース

BlogSphere.jpg

BlogSphere Release 2 Beta 7

 OpenNTF の プロジェクトのひとつ Blogsphere の R2 beta7 がリリースされました。

 現在、このプロジェクトを引っ張っているのは、Christian Brandlehner というドイツ人の方なのですが、一時期の停滞期を払拭するかのような怒濤のリリースが続いています。本リリースでも彼が多くのバグ修正や新機能のインプリメントをしています。詳しくはリンク先で。

 私自身も、このテンプレート自体、もう一年以上使っていますし、OpenNTF のプロジェクトの中では OpenNTF Mail ExperiencedomBulletin と並んで活発なプロジェクトのひとつです。最近のリリースでは、Open Notes Picture Database の機能を内包し、サムネイル画像を取り扱えるようになって、よりブログとして使いやすくなりました。

 そして、R2 Beta6 で、待望の新リッチテキストWebエディターが実装されました。Blogsphere は Notes と ブラウザの両方からエントリーできるのですが、これまでブラウザが Win IE のみ対応というオープンソースとしては致命的な問題を抱えていたのですが、新RTエディターに FCKeditor というオープンソースプログラムを採用したことで、他のブラウザも対応しました。リッチテキスト Web エディターと言っても、Notes 標準の使い物にならない Java アプレットとは関係のない、HTML ベースの RT エディターです。

 このプロジェクトは色んな国のひとが参加してて(スカンジナビア語で動かない!というバグ報告とか(笑))、これ使ってブログ書いてる人も世界中にたくさんいます。一応、標準テンプレートではドイツ語と英語がサポートされています。translations という l10n 機能もあるのですがちょっと不完全です。また、コメントを日本語で書くと文字化けする場合があります。その場合は、SubFormEnterComments サブフォームの「accept-charset="UTF-8"」というのを削除します。

 そういえば私はこのテンプレートではじめて N/D6 でプログレスバー機能が実装されたというのを知りました(笑)。。。(追記:下記コメントにあるとおり、これは間違いでした。ごめんなさい)

  1. 2005/06/24(金) 02:19:06|
  2. OpenNTF|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Google サジェストライクな Notes の lookup

Google Suggest-type Lookups In Notes

 このDBは、Notes の web ページ上でダイナミックな lookup をするために XmlHttp リクエストの使い方をデモンストレーションするものです。Google サジェストとかで使われているのを同じ技術です。私自身、Chris Justis の Google Suggest Dissection のヘビーユーザーで、このサンプルコードを書くときも参照しました。

=> NotesSuggest.zip <=

 また、JavaScript のコードのライブデモもこのページで使ってます。もし見たかったら、Enter A Zip Code Using Google Suggest-Type Lookups をご覧下さい。

====引用ここまで====

 zip ファイルをダウンロードする場合は、一番上のリンク先からドゾ。domino で Ajax を使った使用例である DomikonMonkey の元ネタ LDDMonkey@OpenNTF を作られた方でもあります。これを応用すると、Web domino アプリのもっとも弱いところ、すなわち、操作性が悪くてパフォーマンスが低い。というのを解決する方法のひとつとなり得ます。

  1. 2005/06/23(木) 00:53:19|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

N/D 6.5.4, 6.0.5

Lotus Notes/Domino 6.5.4、6.0.5 および Lotus Enterprise Integrator 6.5.4 の発表

 サブスクリプションの契約をされているところには、先日、ibm.co.jp から最新のメディアパックが届いたと思います。ただ、その前に ibm.co.jp のサブスクリプションの事務局から「お客様のご要望により、今回は希望される方にのみメディアを送付するので、別途送付したFAXにご記入のうえ、FAXで返信下さい。」とかなんとかという内容の電子メールが送られてきたと思います。

 最初、なんのジョークなんだ?、と呆気にとられてしまいました。なぜ、FAX??? よくこんな、Not On Demand なサービス思いつくよなぁ。。。っつーか、なんのために PAO があるのだろうか。。。。

 なにはともあれ、今回のリリースではパスワード強度設定が強化されたそうです。でも、N/D だけ強化しても、SSO をきちんとサポートしてくれないと結局セキュリティリスクが高くなるだけというのは、以前書いたとおりです。。。

  1. 2005/06/22(水) 02:10:12|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Domino メールルールで e-mail をコントロールする

Control e-mail with Domino Mail Rules

 Domino メールルールとパスワードを使って、大量の受信者に向けて送られた e-mail をコントロールし、不要なメールからあなたの受信トレイを守ります。

  1. グループ文書(例えば"Mail Password"とか)を作ってメンバーリストに自分の名前を加えます
  2. インターネットアドレス欄のフィールドに自分のドメインに続けてパスワードを設定します(例えば:987654@yourdomain.net )
  3. グループ文書を保存します
  4. この内容の設定をしたDomino メールルールを作成します
  5. "To か CC"なら全社で、"BCC"が 987654@yourdomain.net でないなら - メッセージを受信しなくなります。

=====引用ここまで=====

 これ2005年4月の Notes Tip ベスト1で、これを投稿された方は、kenwood の ホームシアターセットをゲットされてます。・・・・これはこれで素晴らしい Tips なのかもしれませんが、ノーツメールって迷惑メールフィルタってついてないんでしょうか・・・?(ノーツメールはほとんど使ってないのであんま知らないんです。。。使いにくくて。。。。) outlook や Thunderbird にはベイズ理論ベースの学習型迷惑メールフィルタが標準でついているので、Notes も最新のテンプレートならついてるのかと思ってました。

 Lotus Software - Notes/Domino 6でスパム・メールを避ける。・・・・・。ユーザ側でできるのは、自作フィルタを作るぐらいしかないのね。。。しかも、itunesのスマートプレイリストの出来損ないみたいな UI は非道いな。。。

  1. 2005/06/21(火) 00:30:30|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notes のリモート・プロセジャー・コールとリンク集

Performance 測定 は NRPC Trace を活用 -1- | IBM Lotus Notes/Domino (R) をこよなく愛して。。。。

 NRPC (Notes Remote Procedure Call) という Notes の RPC を使ってN/Dアプリケーションのパフォーマンスを分析しようという記事です。作ってはみたものの、思ったよりパフォーマンスが出ない。ということはよくある話で、そのほとんどは、db.search の使いすぎとか(笑)とかなのですが、それでも解決しない場合の一手。・・・・・ためになります。

======================

 一応、このブログは海外の Notes/Domino に関するリソースを l10n するというのをメインにしている(つもり)なのですが、ついでに、N/Dに関する日本語リソースというものをクリップしてみます。体のいい自分用のリンク集ですね(笑)。

新・ドミノ懇談室

 lotus.co.jp からリンクが貼られているのと、ここ以外まともなコミュニティがないという理由から、日本で最も活発な場所になっているN/Dコミュニティです。開発者向けというよりかは、会社のサーバ管理を生業とする方向けです。贅沢なことは言えないのですが、せめてUser's Forum for DB2 Japan ぐらいのコミュニティがN/Dにもあったらいいのにと思います。db2forum が XOOPS で構築されているというのは示唆的です。

Notesやねん!~Notes/Domino 最強リンク集~

 最近唐突に(?)出現したN/Dリンク集です。表題のサイトもここで知りました。

ノーツコンソーシアムのホームページ

 謎の有料団体(笑)ノーツコンソーシアムです。会員ではないので全然知らないのと、なぜ丸ゴシックが多用されているのかという点において謎。

Notes/Dominoは器用ビンボオ

 N/D開発をメインになされている SI の社長さんのサイト。こちらも有料なのでよく知りません。.jp なノーツのwebサイトはなぜか「日本語の文章」をサイトのタイトルにしているところが多いのも謎。

======================

 以下、もう更新がなくなってしまったけどたまに参照するサイト。。。

======================

 他にもLDDとかナレッジベースとかの公式サイト以外で、いまも更新されているサイトがあったら、是非教えてください。海外には山ほどあるのに、日本にはほとんどないのはなぜでしょうか・・・。

  1. 2005/06/20(月) 02:26:33|
  2. Designer|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

Sametime & QuickPlace 名称復活

Sametime and QuickPlace -- they´re back!

 現在、「Lotus Instant Messaging and Web Conferencing (Sametime)」、「Lotus Team Workplace (QuickPlace)」となっている正式名称を、7.0 のリリースを機に、旧名の「Sametime」と「QuickPlace」に戻すそうです。

 これが Hannover で発表されたもう一個のニュースになります。そういえばそんな噂あったよなぁ・・・というのを、このニュースを見て思い出しました。ただ、こんな長ったらしくて言いにくい名前で呼んでる人を見たことがない(笑)ので、あまり意味のないニュースと言えばそれまでですが。。。

  1. 2005/06/19(日) 19:40:50|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「未来のLotus Notesはこうなる」--IBMが開発の進捗をアピール

「未来のLotus Notesはこうなる」--IBMが開発の進捗をアピール - CNET Japan

 こんなに早く日本語の記事が出るとは思いませんでした。びっくりです。

 Loriaは、「これは、まさに、アクティビティベースのコンピューティングの考え方そのものだ」と述べ、「電子メールの受信トレイで起きていることは、実際、ビジネスプロセスそのものだ。そして、われわれが作り出しているのは、ビジネスプロセスの保存/命名/統合をアプリケーション間で可能にする環境だ。フォーマットでなくアクティビティ自体に集中することで生産性を向上させることができる」と説明した。

 この記事は、主に Notes Client の話に絞っていて、Hannoverはアクティビティ指向なアプリを標榜しており、それはどういうことかについての説明に終始しています。そして、対抗するアプリは MS Office 12 だそうです。

 ほとんどの人にとって、Notes は使いにくいメールであり、あとはエクセルファイルを貼っておく掲示板データベースでしかないというのが現状です。そこを勘違いすると結局 Hannover もウェルカムページみたいな、"誰も使わない新機能"になってしまいかねません。こんな調子では Notes の父を味方に付けた MS Office 12 with Groove Virtual Office にはまったく太刀打ちできないでしょう。

Beyond Notes 7.0: IBM Lotus sketches 'Hannover' user experience

 開発者的にはこちらの記事の方が興味深いです。前半はだいたい cnet の記事と同じなのですが、後半にリリース時期や開発環境に言及しています。

 曰く、まず最新の 7.0 の公式リリース時期は、今年の9月中旬です。それに対して、Hannover に関するリリース時期の名言は避けています。そして、現在のロードマップは、Notes/Domino のメジャーリリースは2年半~3年のスパンで予定されているので、それに従うなら、2006年の秋~冬にユーザは Hannover を体験できると述べてます。

 そして、Hannover では、コンポジットなアプリ開発環境になります。コンポジットアプリケーションというのは、オープンスタンダードに準拠した新しいクラスのことを指します。そしてそれは、Eclipse フレームワークや Java 、.NET といった他のプログラミング環境と同様に既存の Notes アプリなどのソースから成るコンポーネントや設計要素を組み合わせて構築されています。

 また、Notes 開発環境はオープンで魅力的な Eclipse プラットフォームに統合されます。

 すると、Notes 開発者はよりフレキシブルでより変更しやすいアプリを作ることができるようになります。もし Notes クライアントがコンポジットアプリとして成功したら、開発者の価値が向上します。なぜなら、単なる Notes 開発者ではなくなるからです。これが IBM のゴールなのだ、と。

===============

 ドミノデザイナーは、統合開発環境とはとても言えないチープ(機能)で高価(プライス)な開発環境なので、Eclipse で Notes アプリ開発が出来るようになるというのはとても楽しみですね。

  1. 2005/06/17(金) 02:39:42|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

"Hannover" - 次のメジャーバージョン(7.0の次)の Lotus Notes クライアント発表

Hannovers.jpg

"Hannover" -- announcing the next (post 7.0) version of Lotus Notes

 Ed Brill のブログによると、現在、ドイツのハノーバーで開かれているテクニカルフォーラムで、次のメジャーバージョン(7.0の次。7.5か8.0のどちらかでしょう。)の Lotus Notes クライアントが発表されました。コードネームは"Hannover"。いや、これまでの「ノーツ=野暮ったい UI 」というのを払拭できそう(?・笑)な、洗練された UI ですね。

その他のスクリーンショット。

  1. 2005/06/15(水) 01:01:15|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

右ダブルクリック・ESCキーでウィンドウを閉じる

FREE Productivity Booster for the Double Right Clicking and ESCaping Lotus Community :)

 右ダブルクリック・ESCキーでウィンドウを閉じる - 今日までは Lotus Notes/Domino だけだったのが、これからはすべてのウィンドウで可能になる!

 これまで何回右ダブルクリックかESCキーを押して、Notes じゃないアプリを閉じようとしただろうか。数えられないぐらいだ。。。

 二週間前に Alan Lepofsky のブログのエントリを読んでいて思いついたアイディアだ。

 曰く、「これらの機能がすべてのアプリの標準になればいいのに。Web ブラウズや、写真を見てたりするときに、右ダブルクリックを何回やったか数え切れないぐらいだ。

 ICODEX ARC はこのクールな機能をすべてのアプリにアドオンして Windows をより強力にするフリーのツールです。

 ぜひこちらのフォーラムでお会いしましょう。http://www.icodex.com/forum あなた以外の右ダブルクリッカーにあえること間違いなしです。

====引用ここまで=====

 ダウンロードはリンク先の「Download Now」というとこからドゾ。

  1. 2005/06/14(火) 23:36:29|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Web用カレンダ入力ダイアログ

calender1s.png

Web用カレンダ入力ダイアログ(nsf)

 ノーツのカレンダ入力ダイアログを、Webに移植したものです。技術的には、DHTML、Java Script、CSSを使っており、ベースは  codestore というサイトのテンプレートです。リンク先では実際にデモも利用可能になってます。とりあえずローカルで動かしてみたいという場合、DateJP フォームをブラウザでプレビューしてみてください。

 この codestote のテンプレートも、元は、The Coolest DHTML / JavaScript Calendar [dynarch.com]というオープンソースが元になっているのですが、ちょっと古いのを include しているため、今回最新バージョンの ver.1.0 を include して、言語定義ファイルもローカライズしました。

 この JSCalendar が他のツールに比べて優れているのは、

  • オープンソースである
  • ライセンスは LGPL なのでお仕事アプリに組み込みやすい
  • Firefox, Opera, Safari, IE 等々多くのブラウザをサポートしてる
  • ポップアップウィンドウで開かない
  • スキン機能で CSS を使って見た目を制御できる
  • 時刻もサポート
  • 言語定義が別ファイルになっていてローカライズしやすい
  • ノーツのカレンダ入力を超える操作性

 既存のアプリに組み込む際には、フォームの日付フィールドに ID をセットして、Calendar.setup 関数をコールすればいい。もちろん、外部定義ファイルの include も必要で、最低限必要となる外部ファイルは、calendar.js、calendar-setup.js、lang/calendar-jp-utf8.js、menuarrow.gif、スタイルシートを定義した CSS ファイルだけです。非常にシンプル且つ強力なカレンダスクリプトです。強力すぎてちょっと重いのが難点と言えば難点です。

 ところで、calendar.js とかの js ファイルをデザイナーの呼び出しメニューから選択するとデザイナーが落ちます。これは、1行が長すぎるためにそうなるのですが、改行コードをうまく判断できないため、こうなるみたいです。これを回避するには、改行コードを CRLF にしてあげるとうまく読み込めます。

 ただ、この手のアプリはデータ量を減らすために、スクリプトから余計な改行やタブを抜いて stripped ファイルというのをよく作るのですが、ノーツにこの stripped なファイルを読み込ませると、スコーンとデザイナーが落ちます。スクリプトライブラリにコードして登録するのではなく、別にファイルとして登録するようにすればうまくいくとは思いますが、開発の効率性は落ちます、、、。

  1. 2005/06/13(月) 00:04:45|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Lotus Domino と Apache Tomcat - シングルサインオン(SSO)

Lotus Domino and Apache Tomcat - Single Sign On (SSO)

イントロダクション

 この記事は、Lotus Domino 6.5.3 と Apache Tomcat 5 との間でシングルサインオン(SSO)を実現するためのテクニックを紹介するものです。このふたつの Web サーバは、従来の感覚で言う SSO を共有するものではありません。実際、それを真の SSO と呼ぶことはできないでしょう。これらふたつのテクノロジーを統合するための技術以上のものと言えます。またとてもよく機能しますし。

 Lotus Domino はクッキーベースの認証技術を使ってます。Domino Web サーバで認証するとき、Lpta トークンが Web ブラウザにクッキーとしてストアされます。それに対して、Apache Tomcat は独自の認証技術を使っており、Domino の認証で使われた Lpta トークンを再利用することはできません。-- Brian Green

ゴール

 ふたつの Web サーバの"統合"を可能にすること。そして、ユーザー認証は一回だけで、Domino と Apache Tomcat Web サーバの両方にアクセスできるようにすること。

シナリオ例

 ふたつの Web サーバを持っていると仮定します。ひとつは、Lotus Domino 6.5.3 上で動いていて、もうひとつは、Apache Tomcat 5 上で動いているとします。それらのホスト名は、domino.acme.com と tomcat.acme.com です。両方ともスタンドアローンなサーバです。同じハードウェアか、ひとつのハードウェアをシェアしています。ふたつともユニークなホスト名を使い、互いに独立した Web サーバです。

 ユーザが domino.acme.com か tomcat.acme.com のページを開いたとき、認証される必要があります。ユーザは、Domino のパスワードを一回入力し、domino.acme.com と tomcat.acme.com の両方の Web ページを見ることができるでしょう。ユーザが有効な Lpta トークンを持っているとき、それに参加している Domino と Tomcat との間を行き来することができるでしょう。これは、Domino と機能するように設定された SSO を有する Websphere サーバにもあてはまります。

 もちろん、Tomcat は Domino の LDAP ディレクトリを認証のために使うことができるでしょう。しかしながら、これは LptaToken をあなたは発行したわけではありません。

Host name認証使用Web server technology
domino.acme.comdomino.acme.comLotus Domino 6.5.3, or later versions
tomcat.acme.comdomino.acme.comApache Tomcat 5.0.28, Java 1.4.2_08
-or-
Apache Tomcat 5.5.9, Java 1.5.0_03
-or-
later versions

注意 - これは"Domino Tomcat Redirector"を使っているわけではありません。

 もしかしたらあなたは "Domino Tomcat Redirector" に慣れているかも知れません。Domino's Java Servlet Engine with Apache Tomcat に置き換えるこることもできるでしょう。Domino が JSP/Servlet のリクエストを受け取ったときに、このリダイレクタが、"サードパーティの servlet エンジン"にリクエストを渡すでしょう。これは、Domino と Apache Tomcat がひとつの同じホスト名であるときに可能になります。(これが宜しくないのは、Tomcat がクラッシュしたら Domino もクラッシュしてしまうことです。そしてこれは Domino 管理者が理解してメンテするには、新たな悩みのタネとなるのです。) 更に詳しく知りたい方は、Apache の Domino HowTo を参照してください。

 以下の記事は、標準的な Domino のインストール、そして、標準的な Apache Tomcat のインストールのことを指しています。インストールに関してははなにも特別なことはありません。だから、悩みのタネがひとつ減ることになるのです。

Domino 開発者向け

 Java テクノロジーはあなたの Domino のスキルをより力強いものにするでしょう。Java/J2EE の世界へのイントロとして、Head First Servlets & JSP を読むことをお奨めします。J2EE アプリケーションがどのように構築されているかを理解することができるでしょう。Thomas Duff によるレビューも参照してください。

注意:Domino サーバは 6.5.3 かそれ以降のものでないといけません。Lotus は ふたつの Java メソッドにアクセスします:Session.getUserNameList() と Session.getUserGroupNameList() です。これらのメソッドはこれ以前の Domino だと"バグってる" んです。

Web 開発者向け

 いくつかの JAR ファイルを加えて、web.xml を編集すればOKです。お望みなら、すべてのファイルを WAR ファイルとしてラップして、アプリケーションにデプロイしてください。ユーザーが有効な Ltpa トークンを持っている場合、Domino JSP タグライブラリであなたの Web アプリを拡張することが出来るでしょう。では続きをどうぞ・・・。

====引用ここまで====

 以下、Domino と Apache Tomcat との間で SSO を実現する方法が詳細に書かれています。にしても SSO は流行ってますね。やっぱどこの会社も、システムごとに ID とパスワードがあって、それがどんどん増えてユーザの利便性を下げていて、そのためのソリューションが求められているのでしょう。ID が増えれば増えるほど、ユーザの id 管理が杜撰になるのは当然のことですから、結果的にセキュリティリスクが高くなることになってしまいます。ユーザに不便を強いるだけでは終わりません。

 web domino アプリだとなんとか domino の呪縛が薄れるので、こうやって"integration"(統合)することもできるのですが、notes クライアントだと、id ファイルという呪縛(暗号化ソリューションとしては非常に優秀なのだが誰も使ってない・苦笑)が強すぎて、OS 以外との SSO は無理でしょうね。。。

  1. 2005/06/12(日) 03:37:25|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワークスペースカスタマイズ!!

newworkspaces.png
My New Notes Desktop (Wednesday, Jun 1)

 先日のエントリーで、Notes の UI が非常に野暮ったいうことを書いたのですが、そのワークスペースやブックマークの UI をカスタマイズしてしまおうというツール。配布サイトはこちら。

INTEGRATE!People LIGHT EDITION(スクリーンショット)

  1. iplight29c.exe をダウンロードして解凍
  2. iplite.nsf が出てきますので、それを開きます
  3. Installation & Rollout というのを開いて ip4free.dll をインストール
  4. Desktop Skinnning から例えば LE: Aquafun とかを選択する
  5. Activate selected Skin というビューのアクションボタンを押す
  6. ノーツを再起動する
  7. ワークスペースが変わってます
  8. このとき、3Dワークスペースを使ってないといけません。

 無効にするなら、notes.ini から EXTMGR_ADDINS の行を消せばOKです。

 役に立つかというと微妙なのですが、テーマやスキンを選べる機能というのは、最近のアプリだと比較的よくある機能です。このエントリに載せたスクリーンショットは、カスタマイズ部分が判りやすいように OS のテーマを windows クラシックにしました。

=================

 このツール自体は、ワークスペースやブックマークの UI をカスタマイズするというお話で、これ以外の UI については、特に、フォームとビューという部分はカスタマイズの余地はあまりありません。

 Notes の フォームとビューという UI、というか設計思想は他の追随を許さない非常に優れた UI だと思っていたのですが、最近、これを超える UI というのを目にするようになりましたた。ダイナミックビューとでも呼べる UI です。検索結果や表示列をダイナミックに表示するものです。Notes も Release 6 から列を D&D で移動できるようになりましたが、使い勝手がイマイチです。

 「ダイナミック」って何?っていうのをいちばん分かりやすく体験できるのは Google サジェストでしょうか。要はこういうことです。他には、アップル - Mac OS X - Spotlightや、iTunes のスマートプレイリストMozilla Firefox - ライブブックマークThunderbird のクイック検索(検索結果を文字を入力するたびに絞ってくれます。これがノーツのビューでできたらどんなに便利か!! ノーツのクイック検索の100倍便利です。)と、検索フォルダ機能(検索結果を保存することができる)等々です。

 ノーツのビューというのは素晴らしい UI なのですが、一般ユーザーが自分用のビューを作るとなると、ちょっと敷居が高い印象です。その結果、管理者や開発者に「こういうビュー作って」という要望が発生することになります。これらのダイナミックビューとも言えるものが可能になると、その敷居を下げることが可能になり、一般ユーザーも管理者/開発者もハッピーになれるでしょう(楽観的憶測)。

 が、いまの Lotus がこんな洗練された機能を実装できるとはとても思えない。。。

  1. 2005/06/06(月) 00:14:19|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サーバにある全DBのカタログメールを作成する

Create e-mail catalog of all databases on server

 この簡単な Tip は、あなたのサーバにある全ての DB タイトルとリンクを貼ったシンプルなメールをあなたに送ってくれます。エージェントかボタンにでも実行させてみてください。

Sub Initialize Dim ServerName As String ServerName$ = "SERVER1/ACME" Dim session As New NotesSession Dim newDoc As NotesDocument Dim rtitem As NotesRichTextItem Dim thisDb As NotesDatabase Set thisDb = session.CurrentDatabase Set newDoc = New NotesDocument( thisDb ) Set rtitem = New NotesRichTextItem( newDoc, "Body" ) newDoc.Subject = "Here is a link to all the databases on your server." newDoc.SendTo = "email@domainname" Dim dbdir As New NotesDbDirectory(ServerName$) Set db = dbdir.GetFirstDatabase(DATABASE) While Not(db Is Nothing) Call db.Open( "", "" ) Print "Adding: " & db.title Call rtitem.AppendText("Database: " & db.Title & " Document Link ----> " ) Call rtitem.AppendDocLink( db, db.Title ) Call rtitem.AddNewLine( 1 ) Set db = dbdir.GetNextDatabase Wend Print "Sending email." newDoc.Send( False ) End Sub
This LotusScript was converted to HTML using the ls2html routine,
provided by Julian Robichaux at nsftools.com.
  1. 2005/06/05(日) 04:10:07|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notes の URI で RSS フィードを作成する

Creating RSS feed with Notes URI

 ノーツ開発者の多くがRSSフィードの構築方法を彼らのレパートリーに加え始めた。ネット上にはすでに多くの素晴らしい方法が生み出されている(Mike Goldingはとても簡単な、ステップバイステップなメソッドを彼のサイトで公開している)。

 この方法を使うと、Notes DB にある文書への RSS フィードを提示することが可能になります。通常は、RSS フィードは Web ブラウザを介してコンテンツにアクセスします。しかしながら、私の方法だと、Webブラウザの代わりに、Notes クライアントで文書をひっぱってくる必要がありました。スタンダードな HTTP URI の記述方法を使えるので、とても簡単です。

 XMLの一部を使ってこれを例示すると:

<item>
     <title>メールのBodyだけスペルチェックをする方法</title>
     <pubDate>Thu, 24 Feb 2005 10:39:25 PM -0400</pubDate>
     <description>1999年にこのR4.x用のTipをSearchDominoに投稿してその月のTopになった!</description>
     <link>notes:///85256FA500530C43/AllDocuments/CDEEB412F83130AA85256FB30010FBAC</link>
</item>

 <link> 参照要素は、HTTP を使った URI というよりかは、Notes の識別子であるということに注意してください。 ユーザーがこのフィードを RSS アグリゲータで見るときは、Notes クライアントで適当な文書を開けるでしょう。

 フィードの <link> 要素は、次のような式で構築することができるでしょう(通常はビューの列式や文書上でで計算されてますが)。

"<link>notes:///" + @ReplaceSubstring(@ReplicaID; ":"; "") + 
"/AllDocuments/" + @Text(@DocumentUniqueID) + "</link>

 ”AllDocuments”を、適当なビュー名かデザインIDに書き換えてください。

 フィードに合わせて、"全部Notesで"やりたいひとは、Steve Castledine のProjectDX Feed Readerとか、OpenNTF のStudio Blog Readerを使えばいいと思う。

=====引用ここまで=====

 RSS知らないと、なんのこっちゃ分からないと思いますが、こんな方法もあるのかというぐらいの Tip。あと、URIとURLは、似たような者だが、一応別物。

  1. 2005/06/01(水) 02:24:42|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
05 | 2005/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。