nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

選択文書に対してビューアクションを実行する(l10n)

Running a View Action Against Selected Docs

選択文書に対してビューアクションからエージェントを呼んで実行しようした場合、ある場合は実行後に文書の選択状態が解除され、ある場合は解除されないままである。IBM Technote #1101841によると、こう書いてある:

  • @Command([ToolsRunMacro])でエージェントを呼んだ場合、実行後に選択状態は解除される
  • "エージェントを実行する"というシンプルアクションでエージェントを呼んだ場合、実行後も選択状態は維持される

これは微妙な違いだ。しかし、場合によって使い分けることができるのだ。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/07(水) 23:34:32|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。