nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

RSS拡張でMSのレイ・オジーCTOが狙うものは?

ITmedia エンタープライズ:RSS拡張でMSのレイ・オジーCTOが狙うものは? (1/2)

オジー氏いわく、Notesは「考えられ得る限り最も単純な複製メカニズムを持っていた」。

しかし、この革命的なぐらいシンプルなNotesの複製機能は10年以上まったく進化していない。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/25(金) 01:38:23|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

AJAXを@DBLookupの代わりに使う(l10n)

Using AJAX as a replacement for @DBLookups

自社のアプリケーションにAJAXを組み込み始めた。その多くが、Webページを変更するためのHTMLを返すのに、innerHTMLプロパティを利用したエージェントを使います。でも@DBLookupみたいな情報を、もっと簡単に取得できるんじゃないかと思ってました。私がとったアプローチはとても高度ですが、必要となるどんな情報でも引き出すことができるように拡張できるものです。

基本的な構造は、くだんのフォームにある連絡者名と連絡電話番号のフィールドにアクセスします。ユーザー文書のデータからそこにある連絡電話番号のフィールドに自動でアクセスしたい。そのために、onBlurイベントに連絡者名のフィールドにアクセスするための getContactPhone(document.forms[0].contact.value,'contact_phone'); を設定した。すると、フィールドの外側にあるタブがあるときはいつでも、公開アドレス帳で連絡用電話番号がlookupされます。

私が作成したエージェント、GetOfficePhoneは、二行の表示と一緒にユーザの電話番号が返ってくる。

Print "Content-type: text/plain"
Print doc.OfficePhoneNumber(0)

このテクニックは、@DbColumnと@DBLookupファンクションのフル機能に拡張することができる。こんな感じ:

var xmlhttp=false;
/*@cc_on @*/
/*@if (@_jscript_version >= 5)
try {
xmlhttp = new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP");
} catch (e) {
try {
xmlhttp = new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP");
} catch (E) {
xmlhttp = false;
}
}
@end @*/

if (!xmlhttp && typeof XMLHttpRequest != 'undefined') {
  xmlhttp = new XMLHttpRequest();
}

function getContactPhone(username, objID) {
  var obj = document.getElementById(objID);
  xmlhttp.open("GET", "/names.nsf/GetOfficePhone?OpenAgent&username=" + username);
  xmlhttp.onreadystatechange = function() {
    if (xmlhttp.readyState == 4 && xmlhttp.status == 200) {
      obj.value = xmlhttp.responseText;
    }
  }
  xmlhttp.send(null);
}

  1. 2005/11/23(水) 17:07:31|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notes/Domino 7ラウンチページでダウンロードできるアイテム(l10n)

More downloadable goodies on the Notes/Domino 7 launch page

私の同僚で友人の Chicagoan Jon Raslawski が教えてくれた。IBM Lotus Notes/Domino 7 Liveのページで新しくダウンロードできるものが登場した。

  • スクリーンセーバと壁紙
  • 新しいデモ
  • あたらしい2つのイベント(Power of ND7 と Planning & Implementing)
  • ユーザーグループのwebcastアーカイブと情報

ありがとう、John。

====引用ここまで====


Lotusday(JP)の資料もダウンローダブルな状態になってますね
  1. 2005/11/16(水) 01:31:21|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Lotus Domino 6.5.4 Fix Pack 2

IBM - Lotus Domino 6.5.4 Fix Pack 2 (FP2) is available

別に新しいバージョンが出たからと言って、旧バージョンを打ち止めにする必要もない気がするんだが。。。単に分かり難くなるだけだし。。。っていうか、いい加減、バージョンの付け方ぐらい一貫性を持って欲しいんだが。。。ibm.co.jpから平気でibm.comの英語のページに飛ばされちゃうし。。。戦略不在のibm/lotusにそれを求めるのは酷か。。。

  1. 2005/11/09(水) 00:37:50|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Office Live

Microsoftの新サービス「Windows Live」「Office Live」は何を目指すのか? (MYCOM PC WEB)

目指すところはいっしょなのに、完全に先を越されています。

ozzieをはじめとするイノベータが去って、プレゼンのうまいサラリーマンが残ったlotus/ibmには、新たなイノベーションを期待するのは難しいということでしょうか。MSの新サービスが成功するかどうかは怪しいですが、N/D7よりかは100倍頑張ってると思う。

  1. 2005/11/03(木) 01:03:56|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

Lotus Notes/Domino 7.0 日本語版リリース

IBM Lotus Notes/Domino 7.0 - Japan

Notes/Domino 7 日本語版ダウンロード開始です。

英語版N/D7(これがデフォルトのノーツだった)をアンインストールして、日本語版を入れたら、やっぱり隣のディレクトリ(僕の場合はR5)を上書きしようとしてくれた。

ということで今日から本格試用なのですが、心持ち、起動が早くなったような気がします。でも、一見、っていうか二見しても三見しても、N/D6と変化がない、、、、。にしても、IBMの考えたコピーのひとつが、

将来のリリースで、IBM Workplace Technologyを採用予定

うーん、すごい新機能ですね(笑)。

  1. 2005/11/02(水) 00:34:30|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。