nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Notes 2 Google Calendar

「旅行びと日記」日記: ln2gc

ln2gcはLotus Notes(R5)のカレンダーデータをGoogle Calendarへ一方向同期するアプリです。

 メモ代わりのエントリです。

 Web、携帯、Notes、PDAとカレンダデータはあちこちから入ってくるので、こういう連携がやりやすくなると助かります。

スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) 00:01:14|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

あからさまにそういったことを宣伝しているCase

IBM Press room - 2006-03-30 IBM 'Migrate to the Penguin' Program to Encourage Customers to Migrate E-Mail Systems From Microsoft Exchange to Lotus Notes and Domino on Linux - United States

The California Correctional Peace Officers Association (CCPOA), an organization that provides membership and benefits programs for California Department of Corrections and Youth Authority personnel, migrated from Microsoft Exchange to an IBM Lotus Domino on Linux environment.

 別にケンカを売っているわけではもちろんなく(苦笑)、「んなわけないでしょ」っていう話です。っていうか、こういう move2lotus な事例って、そもそもあんま無いんじゃないんですかね?

 にしても window title 長すぎですね(笑)。

 ibm.comさんやibm.co.jpさんには、M$と張り合ってクライアントに提供する価値をどんどん上げていって欲しいと思います。

  1. 2006/06/29(木) 01:08:10|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Domino 7.0.1 FP1 差分パッチリリース

IBM Lotus Domino Server Incremental Install 7.0.1 to 7.0.1 Fix Pack 1 English

IBM Lotus サポート Lotus Notes/Domino 障害修正リスト - Japan

 Domino 7.0.1FP1の差分パッチがリリースされたので、当ててみました。Englishとあったので、もしかしたら日本語版はダメかなとも思ったのですが、一応、7.0.1FP1に上げられました。@dblookupのRegression Bug = 退行バグも直ってるみたいです。

 まー、それはいいのですが、この7.0.1FP1に関する情報や、退行バグの情報がibm.co.jpのサイトには一切記述されていません。これじゃあ、本番環境にパッチをあてていいのか判断できません(かろうじて 6.5.5 FP1の日本語情報はあるみたいですが)。サポートに聞けば教えてくれるんでしょうが、それ以前の問題です。

 バカにしてるんですかね?

 Fix Packというのは、通常のメンテナンスリリースでは間に合わない緊急性の高い修正パッチを当てるという趣旨のハズなのに、「リンク先は英語ページになります。」って、Lotusday2006の予算を全部障害情報のl10nに振り替えたほうが、よっぽど有益ですよ。

 「最新のパッチを適用してください」という決まり文句を使う資格ないですね。こんな体たらくで、『Lotusが変える企業の未来』もへったくれもないでしょ・・・。はぁ・・・。


2006/8/3追記:約一ヶ月遅れで情報が出ました。

Lotus Notes/Domino 7.0.1 Fixpack 1 障害修正リスト(Fix List)
http://www-06.ibm.com/jp/software/lotus/support/fixlist/nd701fp1.shtml

  1. 2006/06/28(水) 00:48:57|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ノーツ移行事例から学ぶ マイクロソフト コラボレーション セミナー

ノーツ移行事例から学ぶ マイクロソフト コラボレーション セミナー

 先日、「ノーツ移行事例から学ぶ マイクロソフト コラボレーション セミナー」というセミナーを拝聴する機会があったのですが、もっとこじんまりしたものかとおもったら、かなり盛況でびっくりしました。400人ぐらいいたはず。そこで、あのオジーさんのインタビューも流していました。

 セミナーの中で紹介されていたNotesに対する不満の中で、機能面では、Notesのアドレス帳とActiveDirectoryとの連携の悪さがちょっと致命的かなと思いました。ADや他のLDAPをメインにして、Notesのアドレス帳をサブにして自動同期させるって運用はDominoの標準機能ではできないんですかね・・・? いまどきNotesのアドレス帳をメインにするというのは運用的に厳しいですよね。。。?

 M$プラットフォームへの移行に関する印象としては、いまM$の製品だけでまともに移行できるのはメールと掲示板だけですね。Notesのカスタムアプリも移行する場合は、もうひとつ間に何かソリューションを挟まないと厳しいという感じでした。Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 あらため、Microsoft Office SharePoint Server 2007 があれば、(いまいち売れ行きの悪い)InfoPathがなくても、WebブラウザとM$ Office 2007をクライアントに、コラボレーションができるという夢物語を語ってました。InfoPathがなくても、というところを強調してました。ただ、まだいろんなソフトが整理されてない Workplace みたいな状態という印象です。

 また、朝日新聞社やJALの移行事例は非常に力強さを感じました。こういう大規模の移行にも勢いがあるというのが正直な感想です。特にリコーテクノのR@bit(Notesのカスタムアプリを自動で分解・移行するための、非公開ソリューションコアだそうです)は、Notesをよく知らないと生み出せない凄いソリューションだと思いました。

 その他も、Notesというクローズドな世界からコントロールを取り戻すための、安くてお手軽なソリューションから重量級のソリューションまで充実していた感じです。

 ちなみにプレゼント商品の新W-ZERO3はハズれました。。。(泣)

 ところで、Web2.0とかリッチクライアントと呼ばれるものを構成する要素技術の一つとして良く出てくるajaxなんですが、個人的には、確かにgoogle suggestとかはgoogle mapsとかは凄いけど「これは!」という用途に巡り会ったことがありませんでした。しかし、最近、Flickrを使い始めて、写真に「add comment」とか「add note」した時にはじめて、便利さを実感しました。ajaxってアプリケーションにこうやって組み込むと便利になるんだなーって。

  1. 2006/06/27(火) 00:19:43|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Bill Gates氏の後継者はRay Ozzie氏

重要なのはスピード、シンプルさ、そしてゆるやかな結合だ。

 2つめの「オジー・メモ」より引用しました。

 ゲイツさんが実質的な後継者としてオジーさんを推したことから、オジーさんの周辺記事がぐっと増えています。そこで語られるのは「あのLotus Notesの生みの親」というおなじみのコピーです。

 いまのN/D7はこのオジー・メモを何ひとつ実現できてないですね。ibm.comはこれ読んで、N/D8作った方がいいですよ。ソリューション屋さん的にはPwcの買収はいい買い物だった気がするのですが、ソフト屋さん的にはGroove買収しとくべきだったかもですね。。。

 ガースナーさんはLotusを買収したあとに、なんで彼を手放したのか不思議ですねぇ。マイクロソフトを率いれるほどの人物だったんだから、Lotus部門のVice Presidentじゃなくて、ソフトウェア事業部のManaging Directorを任せても良かったと思います(ibm.comの詳しい職制は知らないので、VPクラス、MDクラスという意味で)。ガースナーさんほどの人であれば、それぐらい百も承知だったと思うんですが。

 ガースナーさんはマッキンゼー出身のCEO専業の人ですね。っていうか、いまカーライルの会長やってるのね。スゴ。

  1. 2006/06/25(日) 00:52:27|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

N/D7 の一般的な反応

:: The Perfect Insider :: - ・Lotus Notes v7

むしろボタンとか分かりにくくなってる……処理も何か重いし……。

もう何年も使わされてるけど、いつまでたってもこのソフトは好きになれねーや。

 逆に「Notesは凄いよな」って使っている一般的なエンドユーザ(マニア除く)って見たことないですね。。。

  1. 2006/06/22(木) 00:02:01|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

シンプルJSカレンダ

愛と苦悩の日記: Domino Webアプリ用カレンダー日付入力ダイアログ

 メモ代わりのエントリ。うちの「Featured Entries」で紹介しているWeb用カレンダ入力ダイアログは(いろんな意味で)重いですからね。。。

  1. 2006/06/21(水) 01:49:47|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グループウェア 2.0

WanderingSE ; 放浪するシステムエンジニア - グループウェアってなんだっけ?

今後のグループウェアはこのように安く、適当なものを組み合わせていくというのが理想系だと思っています。

 サーバサイドがどんどん安価になっていくなか、サービスに価値を求める傾向が強くなっているなんて話は、この業界でお仕事している方々にとっては耳タコだと思います。ただ、サービス=対価というのは、常識と言うにはもうちょいと言ったところで、開発作業や開発を主軸にしたインプリメント全体への対価の方がまだメジャーな感じです。

 そして、N/D7がなんちゃってSOAとか言い出して失笑を買っているのは記憶に新しいですが、じゃあ、その中でグループウェアの価値をどうやって創出していくかというのは、そのまま、N/D8以降やworkplaceの話になっていくと思います。

 ここではとりあえず、グループウェアとはコラボレーションの手段であり、コラボレーションとは二人以上の人間が共同で価値を創出する作業と、一応、簡単に定義づけておきます。

 その上で、ソフトウェア技術者にも、ソフトウェアそれ自体にもサービス指向が強まっている現状で、いろんなサービスを組み合わせて安価に形成する。そして、SI/コンサルサイドは、その運用・保守サービスや活用方法のコンサルティングサービスにシフトしていき、開発作業はなるべく少なくというのは、サイボウズやGrooveが得意としていきそうな世界かと思います。グループウェア2.0というのは言い過ぎですが、キャッチーなのでそう呼んでおきましょう(笑)。もちろん、全部が全部そうなるわけではないですが、いままでのようにコストをかけて開発するというスタイルは徐々に主流ではなくなっていくでしょう。

 hannoverやwokrplaceがその流れに乗れそうかというと、いまの感じだとちょっとムリっぽいのですが、まだ遅くはないので、ibm.comにはきちんとした戦略をもうちょっと練って欲しいと思います。ibm.co.jpも日本語圏での価値を追求して欲しいですね。いまは全然できていませんので。

 以下、おまけ。

会社の「お知らせ」であるとか、「施設予約」であるとかはいいけど、「ワークフロー」や「スケジュール」、「ToDo」なんてとてもそのまま使える分けない、ということです。 そして、必然的にカスタマイズの世界に突入するわけですが、ノーツはプログラミングを前提としたグループウェアという意味で優位性があったわけです。

 ibm.com以外のあらゆる人が何度も言いますが、N/Dの価値はRADです。そして、人間というアナログな生き物がデジタルなソフトウェアを使っていこうとする限り、その価値が廃れることはありません。大きなコストを、多大な時間をかけてJavaでごりごりという開発しかできそうにない(わたしの妄想)、そして別に安価なわけでもないworkplaceは誰にも価値を提供しないのではないかというのは、ibm.com自身が実はよく判っていると思いますので、その回答に期待したいと思います。

  1. 2006/06/16(金) 00:30:18|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

M$とサイボウズのユーザビリティ

800万円→100万円→1億円達成の株式投資術:サイボウズは終わってる?

ちなみにExchangeうんぬんの話は、僕は全く信じていません。マイクロソフト製品の操作性が抜群だと思って導入される方はいないと思います。(ワードだってIEだってこれが操作性抜群と思っている人は以外に少ない。というかほとんどいません。)

 昨日の吐き捨てエントリの舌の根も乾かないうちに、次のエントリです。M$ソフトの使い勝手については、まさにその通りだと思います(Notesはそれ以下ですが)。サイボウズはまぁ別に可もなく不可もなくってとこでしょうか・・・(っていうかどうでもいい・苦笑)。

 Excelが使いやすいと信じている人には、ただの方眼紙としてしか使ってなくて、しかも、なんでもかんでもExcelで作り、情報共有、情報の再利用がしづらいゴミデータを量産する困ったちゃんが多いのも事実です。頼むからやめてくれ、というのはほんと悲痛の叫びに近いです。

 というのはさておき、せっかく投資ブログにトラバを打ったので、投資ネタっぽいことでもということで、M$とIBMの企業価値、すなわち会社のデカさの比較をしてみましょう!

Rank Company Ticker $B P/E
7 MICROSOFT CP MSFT 232 18.0
29 INTL BUSINESS MACH IBM 123 15.5
32 GOOGLE GOOG 115 66.6

 Top 100 Market Capitalization, 4.Jun.2006を見てみると、MSが232$B(2千320億ドル)、IBMが123$B(1千230億ドル)で、だいたい倍のデカさ(=企業価値)ということになります。ちなみに、Googleが115$B(1千150億ドル)なので、IBMと同じぐらいですね。


 昨日のエントリをポストして思ったのが、「ロータス ノーツ」って全角カタカナでテクノラティを検索すると別のブログがひっかかるというのを知ったので、テクノラティをダシにしたエントリをもう少し続けます。

 ヤバイ、nsfl10nという看板からどんどんハズれていく・・・(苦笑)。

  1. 2006/06/11(日) 01:43:57|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ノーツのリプレース

サッポロビール、2008年にノーツ撤廃:ITpro

 その第一弾として、今年2月にノーツのメール機能をExchange Serverに移管した。同時に、掲示板や文書管理機能の一部を「SharePoint Portal Server(SPS) 2003」を使った社内ポータル・サイトに移行した。今後ノーツ上のコンテンツを継続的に社内ポータルに移行する。ブログの社内活用なども検討するという。ノーツで作りこんだワークフロー・システムや、受注システムといった業務システムは2年間をかけて撤廃を進める。

 NDOMINO-S さんからのタレコミです(笑)。

 いや、最近こういった案件は多い気がします。なぜ、ここまで手間とお金をかけてNotesを捨てて、M$ミドルウェアに乗り換えるか。Notesのバージョンアップにそこまでのお金をかける価値がないからです。workplaceに乗り換えないのは、workplaceがいまだに、海の物とも山の物とも判らないからでしょう。

日本語版、英語版、ドイツ語版の3言語について、それぞれ32bit版と64bit版を用意する。

 「Windows Vista ベータ2」日本語版なのですが、日本語版モジュールと日本語のサポートを用意するだけで、こんなに敷居が低くなるんですね。以前の、Visual Studio無償版もとりあえずダウンロードしてみようという気になりました。たしかに、Sharepoint のインプリ状況はいまいちみたいですが、それでも顧客指向でリーチしようとしている姿勢は、ibm.co.jp の仕事しなさすぎに慣れてしまったIT技術者にはとっつきやすく感じます。

 ほんと、lotus/ibm は猛省するべきですね(特に、lotus.ibm.co.jp)。まぁ、今に始まったことではないのですが。。。


 ■追記:よく考えるとこのITProの記事は、M$の広告っぽいですね。まぁ事実は事実でしょうから、M$のマーケ部とコンサル部隊(アクかな?)が頑張った成果ですが。

 

  1. 2006/06/10(土) 01:31:44|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

『いまさらNotes?』

番台日記 : 懐かしのLotus Notes

今じゃ、その辺りからNotes開発に関わるSEは、絶滅種になりかけているらしい。

 懐かしのLotus Notes。おそらく、これがNotesに対する、世間一般的な目線でしょうかね。なんかNotesのキャッチコピーを考えるとしたら、個人的には、

「いまさらNotes?」

というのを考えてみたのですが、いかがでしょうか(苦笑)。最後の「?」がまだ救いを残しているところなんですが。。。


 テクノラティで探して、最近のNotesネタに関するブログエントリにトラックバックしまくるのも、たぶん、これで打ち止めです。

 いくつか見て思ったのが、Notesネタのブログを書く人の8割から9割ぐらいがオフィシャルの人っぽいんですよね。ibmは世界最大のNotesユーザ企業(たぶん)だからしょうがないんですが、ほんと、開発者コミュニティとかUsers Groupみたいなものが、日本にはぜーんぜんないんだなぁと実感。これじゃあ売り手と買い手の議論が成立しないという状況もせむかたなしといったところでしょうか。

 ドミ懇は情報共有を専門にするソフトウェア技術者のコミュニティにしては仕様がアレすぎるので、パス。

 それはともかく、オフィシャルの人には、是非、議論やQAの結果を社内にフィードバックして欲しいと密かに願っております。部署が違うから、、、とか言われそうですが。。。

  1. 2006/06/05(月) 00:18:08|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

情報の可搬性

いしだの秘密基地 : Dominoは1-2-3がお好き

すでに数万件に膨れ上がったexcelファイルをインポート用に分割して保存する必要がありそうです。せめてcsvでインポートさせてくれたらなぁ。。Dominoのいけず。

 このWeb2.0の時代に(苦笑)、信じられないですよね。XMLとかODFとかじゃなくて、CSVインポート機能がないんですから。すごいなぁ。。。

 でも、ibm.comはオープンを積極的に推進している会社らしいので、きっと、R9ぐらいでCSVインポート機能はサポートされますよ!(苦笑) そして、ibm.co.jpが仕様のl10n(localization)を終えるのはR9.5ぐらいでしょうか?(笑えない・・・)。

 というジョークはさておき、ユーザ本位に考えるのであれば、ODLがどうとか言う前に、CSV入出力、xls入出力、簡易XML入出力あたりは、サポートして欲しいですね。利用者にはノーツのデータを囲い込んでいるという風にしか見えません。

 DXLで簡単に開発できるって言われても、なんだかなぁ。

  1. 2006/06/03(土) 11:15:20|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

バージョンアップという名のベータテスト

鯖の悲劇 : どこまでも工事中

只今ND7の新機能nsfDB2を実験中。適当に遊んで実験を行って、そのまま放置して寝た。朝起きたら夜中に鯖が落ちてた。しかも復旧なし。。。

 こんな猛者がいるとは(笑)。

 ご愁傷様です、R7のDB2store機能は、まだ作り途中なのになぜか発売されてしまったという不思議な製品で、私たちは、バージョンアップという名の有料ベータテストに参加しないといけないという(苦笑)。

 僕なんか試してみようとすら思わなかったので、尊敬のまなざしです。きらーん☆。

 ぜーんぜん関係ないんですが、giyaさんは男の子なのか女の子なのかどっちなのかが気になって夜も眠れません(笑)。

  1. 2006/06/02(金) 00:59:18|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

Notes カレンダから Google カレンダへイベントを登録する

犬小屋日記 - Lotus Notes CalendarからGoogle Calendarへイベントを登録する

 わたし自身、Notesメールはちょっともう無理、ということで使うのをやめてしまったのですが、カレンダはNotesのカレンダを使っています。Notesカレンダって使い勝手は悪くないのに、Notesデータの宿命で外部連携ができないのがちょっとなぁという感じでした。変な機能は追加しなくていいので、iCal形式をサポートして外と簡単に同期が取れるようにならんかなと密かに願っていたのですが、こんなアナログな方法があったとは(褒め言葉・笑)。

 犬小屋さんは、おそらく、iCal export from Lotus Notesだと、いちいちエクスポートとインポートを繰り返さないといけないから、面倒なので直接アクションボタンを作ったのではないかと予測。

 またわたしはGoogle Desktop for Enterpriseを愛用していて、その小悪魔的な使い心地(なんのこっちゃ・笑)の虜なのですが(レポその1その2) そろそろカレンダも、、、とGoogle Calender も狙っていたので、参考になります。

 サイボウズ・Outlookはちょっとパス(笑)。

 ちょうど、この「Web 2.0 の主戦場はエンタープライズ・サーチへ」という記事について書こうと思ってたんですが、こっちの方が実用的で面白かったので、メモ代わりのエントリでした。

 にしても、今週はネタが尽きませんね(w。

  1. 2006/06/01(木) 00:18:10|
  2. Designer|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:4
05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。