nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Notes開発の憂鬱

■[JOB]欝だ氏のう… :左利きの憂鬱
http://d.hatena.ne.jp/cubick/20060828#1156767432

今更ながら、入門でやるにはあまりにも無茶で投げやりな気がしてます…

 ibm.co.jp的には「お金払って研修受けたらいいテキストあげますよ」なんでしょうが、はじめの一歩ぐらいは、少なくとも自分の適性を計る程度のテキストNotesのおおまかな開発のhowtoが理解できる程度の開発ガイドは公開して欲しいところです。未確認ですが、英語の資料だったらありそうな気がします。。。

 昔ありませんでしたっけ? 1日ぐらいでベーシック開発を学べる日本語資料。Notesクライアントアプリ用とWebアプリ用とで一冊づつあると便利ですね。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 02:29:53|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:18

Notes使うのやめよーぜ

おおさか日記 会議室予約
http://e0917.blog44.fc2.com/blog-entry-131.html

「Notes使うのやめよーぜ」

 そーだそーだ(笑)。

 心あるNotesブロガーの方のフォローを待ちましょう(w。

  1. 2006/08/30(水) 01:31:10|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

LotusScriptでリッチテキストをリッチテキストにバックエンドで挿入する(l10n)

eknori.de » INSERT RichText into RichText in Backend using Lotus Script
http://www.eknori.de/archives/285

 Webサーフィンをしても解決方法を見つけることができなかった問題のひとつに、ある文書のフィールドから別の文書のリッチテキストフィールドへリッチテキストを挿入するにはどうしたらいいかという問題がある。ロータススクリプトを使っても、APPEND(追加)することはできても、INSERT(挿入)することはできないのだ。

 だから、私は自分でコードを書かざるを得なかった。DXLImporter, DXLExporter そして NotesStreamを使って以下のようなコードを書き上げたのだ。これは、Notes 6 以上であれは動くはずだ。

 挿入するポイントを特定するために、特別な構文を用いている。他のリッチテキストフィールドに格納されているコンテンツがあるとして、そのコンテンツの挿入先であるリッチテキストフィールドにカーソルをセットしてから、RT:リッチテキストフィールド名とタイプしてください。

(イメージ省略)

 RT:RTONEというのは、InsertRichTextファンクションを呼び出すための物で、このファンクションはこのマーカーをMergeFileのRTONEフィールドのすべてのコンテンツと置き換える機能を提供する。

(イメージ省略)

 このコードが添付ファイルをコントロールするのだ。

Function InsertRichText ( SourceFile As String, MergeFile As String, FieldName As String) As Boolean
(コード省略)

 そしてファイルをDXLに出力するにはこのコードを使う。

Function ExportXML ( doc As NotesDocument ) As String
(コード省略)

 これは全部まとめてやる場合のひとつのサンプル。

Sub Click(Source As Button) Dim s As New NotesSession Dim db As NotesDatabase Dim dc As NotesDocumentCollection Dim doc As NotesDocument Dim ret As Boolean Set db = s.CurrentDatabase Set dc = db.UnprocessedDocuments Set doc = dc.GetFirstDocument Dim SourceFileName As String Dim MergeFileName As String SourceFileName = ExportXML ( doc ) Set doc = dc.GetNextDocument ( doc ) MergeFileName = ExportXML ( doc ) ret = InsertRichText ( SourceFileName , MergeFileName ,“RTONE”) End Sub
This LotusScript was converted to HTML using the ls2html routine,
provided by Julian Robichaux at nsftools.com.

 Rocky Oliverはこのパズルを解決する別の方法についてブログに書いていた。少量のデータを扱うのであれば、FindAndReplaceを使ってXMLを修正することが可能だ。

 だが、このメソッドは、例えばスクリーンショットとかとではうまく動かないことが判明した。FindAndReplaceは添付ファイルであってもうまく動かないのだ。試してはみたものの Lotus Notes はRSOD(訳注:たぶん赤紙=red screen of deathのこと)で終了した。

 なお、このコードは”as is”(現状のままで)提供される。データの消失と言った苦情は受け付けません。:-) またこのコードはスピードについて最適化されておらず、数百MBのデータを既存の膨大な文書に挿入するといった用途には向かないので注意してください。

 DOWNLOAD rtInsert.lss(リンク省略)


 引用、ここまで。

 searchDominoの2006年5月のDomino Tips大賞。今回の副賞はiPod nano。なにこのステキな副賞。

 今回は、直リンや画像引用をしなかったので、lssやコード、イメージ等はタイトルリンク先からドゾ。

(参考)How to insert RichText into RichText using LotusScript
http://searchdomino.techtarget.com/tip/0,289483,sid4_gci1189228,00.html

  1. 2006/08/24(木) 23:38:54|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notes定点観測(Aug, 06)

恒例、Notes定点観測。

kunitaka's SharePoint Factory: SPS 2003 SP2 での Notes 検索
http://blog.sharepoint-factory.net/article/1124511.html

なんか、IBM のダウンロードリンクは、同じものが「ころころ」違うものを指すようになっているようです。 リンク切れより性質が悪い??

ほえー。ibm.comのWebサイトにはPermanent Linkという考え方がないのか、リンクが「ぶちぶち」切れます。情報共有のいろはをLay Ozzieさんにでも教えてもらった方がいいですね。

「Lotus Notes/Dominoの歴史」がLDDで公開されました : Anatommy
http://anatommy.org/archives/2006/08/11220316.html

なぜか翻訳は後回しになっていたようです。

優先度の高い作業がありますからね。C API Toolkit の翻訳作業も後回しでしょう。

ITヲ使ウ人、使ワレル人:Lotus Notes DBがあふれています
http://blog.goo.ne.jp/18moo3/e/7517487c3e4bc8af1c6904ff9d9619a0

探せない情報は情報ではありません。

これが判らないとmixiを情報共有ツールと勘違いしちゃうのではないかと思われ。

愛と苦悩の日記: IBM Workplaceはどこまで使えそうか
http://tod.cocolog-nifty.com/diary/2006/08/ibm_workplace_756e.html

結論をひとことで言えば、IBM Workplaceは、QuickPlaceの後継製品で、その域を出ていない。

Microsoft系製品に存在せず、Notes/Dominoに存在する特長と言えば、RADツールとしての側面くらいになる。

Workplaceについて日本語でここまできちんと書かれた文章は、私の知る限りなかったはず。必読。関係ないけど伊坂幸太郎は相性が悪いみたいです、ワタクシとは。

Lotus Notes Domino を個人で購入する:どこまでも工事中
http://giya.blog39.fc2.com/blog-entry-101.html

個人でDesignerライセンスほしい!!!

たまーに「Notes Light」みたいなの作って、という話を耳にしますが、絶対不要ですね。誰も使わない。

コラボレーション・エンジニアの考える日々 - アクセスユーザー数の捉え方
http://d.hatena.ne.jp/munesora/20060814/1155561530

ビューやフォームを改造すれば、数字が見られますので、Excelに落として分析してみることも簡単にできるでしょう。

御用ブロガーの皆様は、なんか、平和そうでいいですね。。。

  1. 2006/08/19(土) 04:19:30|
  2. News|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:8

Domino URI

IBM Lotus Notes/Domino 小ワザ集 第39回 - Japan
http://www-06.ibm.com/jp/software/lotus/developer/ldd_tips/vol39.html

 この小技シリーズは、社内のバイトちゃん(二回生ぐらいの・苦笑)がやってるのかと思われるほど、ほのぼのしていて凄く好きなシリーズです(笑)。こんな金があるなら・・・、みたいな無粋なことは言いっこなし!(爆) Tsuboi ChikaさんとUeno Kanaさんには、これからもバイトの合間に頑張って欲しいと思います(当然これテストユーザ名ですよね・・・?)。

 にしても、正直、なんでLotusのIM製品で文書リンクがアイコンで送れないんですかね。社内のそれぞれのチーム間に無意味なファイアウォール規定でも敷いてるんでしょうか。

 ただ、テキストにはテキストの良さがあるので、一気にリッチテキストにすると、OneNoteみたいな微妙なソフトになってしまいます。たぶん。リッチすぎると使い勝手が悪くなる典型ですね。以前、こんなエントリを書いた割には結局いまでも常時立ち上がっているQuickNoteというテキストエディタで、リッチテキストやHTMLを@Textしています。

 ところで、この文書リンクとしても使われているN/DのURI(db/viewID/docID?command)というのは、いまのブログ全盛時代から考えるとちょっと長すぎて醜悪です。そろそろもう少しシンプルな permanent link をN/Dにはデフォルトでサポートして欲しいです。メールでDominoのURIを書くと、だいたい1行に収まらないですし。

 BlogSphereはシンプルながらこのplinkを頑張ってサポートしてて見本になります。でも、これのマネをして他のDominoアプリにplink機能を付けようとすると意外に大変で挫折してしまいます。うーん。

(参考)IBM Lotus Notes/Domino Hints and Tips
http://www.alanlepofsky.net/alepofsky/alanblog.nsf/

IBM Lotus Notes/Domino 小ワザ集目次 - Japan
http://www-06.ibm.com/jp/software/lotus/developer/ldd_tips/index.html

  1. 2006/08/14(月) 18:16:05|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Domgle R1 リリース!

DomLike | Domgle R1 is out !
http://www.domlike.net/domlike/dl2.nsf/d6plinks/DOME-6SANR2

 GoogleライクなマルチDB横断検索ソリューション『Domgle』のR1がリリースされました。と言っても、ネット上で公開されていないので、Julienにメールを送ればnsfを送ってくれます。

 R1の新機能として、

  • 他のサーバにあるDBも検索対象にできるようになった
  • 検索の文法が選べるようになった(Google、Notes)
  • 文書を開いたときのモードが選択できるようになった
  • 検索時間が表示されるようになった

とかとか。百聞は一見にしかず(Seeing is Believing.)で、オンラインデモをご覧頂ければ判るように、これもAjaxっぽく作ってあります。

 そもそも論として、なんでこんなものを作ろうとしたかというと、Domino標準のマルチDB横断検索がpoorなので、(ちょっとお高い)他社の検索ソリューションを挟まないと使い物にならないという現状に問題がある、と。。。なんかこんな話ばっかですね。。。

 β版ではフランス語だったコメント文も、英語に書き直したそうです。器用だなぁ。。。がしかし、私の環境で試しに使った見たのですがなぜかうまく動かず 。考え中。。。

(参考)DomLike | Domgle - A web AJAX multi database search application
http://www.domlike.net/domlike/dl2.nsf/d6plinks/DOME-6RQMVX

  1. 2006/08/09(水) 01:30:51|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Domino Name Picker 再び


Domino Name Picker Revisited | Article | CodeStore
http://www.codestore.net/store.nsf/unid/FISR-6MPRGU?OpenDocument

 Jake/codestoreがDominoで使える「アドレス選択画面」について、ラフカット版と題して再提案しています。

 そもそもの問題点として、Domino標準のアドレス選択画面は醜悪(ugly)で、ポップアップするのでダメダメ(bad)だと指摘してます。

 解決策として、ピープルアイコンをクリックしたら、黄色いダイアログが表示され、そこに頭文字を入力するとNotesの簡易検索ライクな一覧が表示されます。DHTMLを使うことでポップアップを、Ajax風にすることでページリフレッシュを防ぎます。

 コードについては自分で確認して欲しい、と。NamePick.nsf をダウンロードしたら、ターゲットとなるDBに以下の設計要素を貼り付けます:

Element TypeElement Name
Pagecss/namepick.css
SubformsNamePicker
Script Libraryjs/NamePicker.js
Imagesimages/*.*
File Resourcelib/prototype.js & util/effects.js

 NamePickerを使いたいフォームにNamePickerサブフォームを挿入します。そして、フォームのHTMLヘッダコンテンツで必要とされるファイルへの参照を追記します。こんな感じ:

<script type="text/javascript" src="lib/prototype.js"></script>
<script type="text/javascript" src="util/effects.js"></script>
<style type="text/css" media="all">@import url(css/NamePick.css);</style>
<script type="text/javascript" src="js/NamePicker.js"></script>

 あとは、ダイアログを呼び出す小さなアイコンを名前フィールドの隣に追加するだけです。いちばん簡単なのは、"Demo"フォームを見ることです。

 重要なのは、どこに書いてもいいけどonclickイベントでNamePicker.open()の呼び出すことです。あとは、名前フィールドにどうやって値を渡すのかとか、複数選択とかどうやるのかとかについては、Demoフォームを見て欲しい、と。

 サンプルnsfは記事右側にあるAttachmentsの「namepick-v1.0.zip (85 Kbytes)」をクリックすればダウンロードできます。にしても、Jake/codestoreのプロダクトは機能美に優れてますね。

(デモ) Name Picker Demo [v1.0.1](アイコンをクリックして文字('a'とか)を入力)
http://www.codestore.net/apps/namepick.nsf/demo?OpenForm

(参考)nsfl10n | Perfect Web AddressBook
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/blog-entry-113.html

  1. 2006/08/06(日) 03:06:59|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Linux版 Notes ダウンロード開始他

メールテンプレートどうすんのよ | pudding
http://moriya.xrea.jp/tdiary/20060802.html

 あの「署名」って、いまはもうあんま意味がない気がしています。通常規模の通常使用であれば、かかる手間(=事務作業コスト)に対して、コストパフォーマンスが悪いというか。

SPV = Nightmare: Notesの最新バージョンはいくつか知ってる?
http://www.spv.dnsalias.net/weblog/archives/2006/07/notes.html

 クライアントは7.0.1、サーバは7.0.1FP1ですね。

TomとSergeのボウリング日記:さらば「Lotus Notes」
http://blog.goo.ne.jp/t-seiji777/e/a573e994a19450ad279c691d55cf38a7

 これ使えば再利用できるかもですね。

がっしゅ » デスクトップLinux版「Lotus Notes 7」
http://blanc.zive.net/?p=570

 予想通りというか、Linux版 Notesというのはそのキャッチーさからか、Geekからの支持が高いですね。逆に、フツーのNotesは「まだあったのか。。。」って感じなんですが、これ、うまくやれば、hannoverで「あのNotesが!」みたいなインパクト(セカンドインパクト?・笑)作り出せるような気もします。ただ、とりあえずibm.co.jpは、ロータス部門にもう少しプレゼンの上手なトップを(苦笑)。。。

(英語)Installing the Lotus Notes 7.01 Linux Client
http://www.nsftools.com/NL7/

 ということで、リリースされました。まんまWMCですね。僕も、Cygwinでトライしてみましたが(手元にLinux環境がなかったので・・・)ダメでした。やっぱムリか。。。

 同梱のインストールマニュアルがこれまたチープで、zip解凍したら中のファイルをここに移動してとか書いてあるし。しかも、「Linuxユーザはforwardスラッシュ(/マーク)使えっちゅうーねん。ふざけてんちゃう? っつーか、これ製品なん? アーリーβなんちゃうん?」(意訳・笑)って怒られてるし。確かβ扱いだったと思う。

(英語)Hannover 101 -- The Basics | Jeff Eisen
http://www.jeffeisen.com/jeisen/jeisenblog.nsf/dx/hannover-101----the-basics

 とりあえず、Hannoverのバージョンは決まっていないが、7.99と8.01の間らへんだそう(笑)。そして、Hannoverというのはクライアントのことを指すので、次期Notesクライアント=Hannover、次期Dominoサーバー=Domino Next、という呼び分けをするそう。・・・開発環境は?

 Hannover 101ってビルの名前みたい。。。


こうやってエントリを並べると、いまどきNotes雑感って感じですね。

  1. 2006/08/03(木) 22:56:49|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

吉野家コピペ

196 名前:   投稿日: 01/10/15 21:40

そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ、スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、サーバー室行ったんです。サーバー室。
そしたらなんかシスアドがめちゃくちゃいっぱいで入れないんです。
で、よく見たらなんかドミノ基本導入パックがはいってて、378000円、とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、378000円如きで普段使わないノーツなんて使うんじゃねーよ、ボケが。
378000円だよ、378000円。
なんか情報システム部部長とかもいるし。部署全員でノーツか。おめでてーな。
よーし部長デザイナーライセンスも買っちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、MSExchangeServerやるからそこ空けろと。
ノーツってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
ユーザーIDなくした奴とシスアドがいつ喧嘩が始まってもおかしくない、
複製もPUSHするかPULLされるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと入れたかと思ったら、隣の奴が、バージョンはR4で、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、R4なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、R4、だ。
お前は本当にR4を導入したいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、R4って言いたいだけちゃうんかと。
ノーツ通の俺から言わせてもらえば今、ノーツ通の間での最新流行はやっぱり、
R5、これだね。
R5.0.8。これが通の頼み方。
R5.0.8はRAMを思いっきり食う。そん代わりサーバーが落ちにくい。これ。
で、それにRDBを噛ます。これ最強。
しかしこれを導入すると次からクライアントのUIが変わって
ユーザーにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、サイボーズでも導入しなさいってこった。



懐かすぃー。って、これ作った名無しさん、ここら辺にいそう?(笑)

  1. 2006/08/02(水) 23:07:29|
  2. etc|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

Notesの予定を携帯へ

ポン太の独り言: Notesの予定を携帯へ
http://yutaro.air-nifty.com/hitorigoto/2006/05/notes_3c0a.html

 Notesのカレンダデータを携帯に送るひとつの方法としてメモしておきます。

 他にもNotesの予定をOutlookへNuc(NotesDB-Unread-Counter)というも公開されています。

 このNotesのカレンダをなんとかオープンな使い方をしたいというニーズは強いみたいですね。私も、携帯、Notes、サイボウズのカレンダデータをどうにか簡単に自動で同期が取れないものかと考えたりしてます。どれも一長一短なので。。。何かかませばそりゃ出し入れはできるんですけどね。

 正直、カレンダの改善に比べれば、ブログのNTFテンプレートなんてどうでもいいのにな(あー、でもトラックバック実装はちょっとパクりたいかも・笑)。。。

(メモ)Open Tech Press | オープンソースのカレンダ・マネージャを使う
http://opentechpress.jp/desktop/05/01/25/0215254.shtml?topic=1

  1. 2006/08/01(火) 01:11:48|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。