nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

N/D8の新機能は誰のためか

ド壺 ひさしぶりに
http://upsilon.blog.shinobi.jp/Entry/49/

このエラーが出ると毎回やる気が低下するんです。。。

 MS Officeもよく落ちますが、最近は頑張って修復するようになっていて、手戻りが少なくなりました。Notesはまぁ。。。(苦笑)

佐祐理の徒然草 - 曇り後快晴
http://d.hatena.ne.jp/messier42/20070129#p2

こういうクライアントサーバモデルのプログラミング環境では管理者が居ない時に使うのは危険だな。

 Webアプリ開発でも環境を揃えればローカルでそれなりのことができるのですが、Notesだとローカルで開発することは可能でも、実行環境としては。。。(苦笑)

パソコン系気になる時事ブログ: 併用で不具合が
http://f22up.seesaa.net/article/32015004.html

 IBMの電子メールクライアントLotus Notesを搭載のPCに、McAfeeのVirusScan Enterprise 8.5iをインストールすると・・・

 自分のメールボックスからロックアウトされる可能性がある、とIBMとMcAfeeの両社は認めたようだ。

 それってなんてウィルス?(苦笑)

スポンサーサイト
  1. 2007/01/31(水) 00:52:43|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

「Hannover」の初めてのデモが披露

ITmedia エンタープライズ:SNSとWeb 2.0を企業に融合させるLotus Notes/Domino
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0701/23/news068.html

 lotusphere2007が始まったそうで、itmediaの特集が出てたので追っかけてみました。

 「Hannover」こと、Lotus Notes/Domino 8について。

EclipseベースのIBM Workplace Client Technologyを基盤とし、オープンな仕様に基づいたコンポジットアプリケーションの作成をサポート

(中略)

 Lotus Notes/Domino 8は、パブリックβ版を2月を目処に公開、正式版は2007年半ばを予定している

 MS OfficeやNotes等を統合するコネクターとコンテンツ共有リポジトリLotus Quickrについて。

製品はPersonal版とStandard版が用意され、Personal版についてはLotus Notes/Dominoのライセンスを持っていれば無償で利用可能となっているが、現時点では両バージョンの機能比較などは明らかにされていない。

 このLotus Quickrで提供される機能は何も目新しいものではなく、過去のLotus Notes/Dominoで言えば、Lotus Domino.DocやLotus Domino Document Managerといった製品で提供されていたものだ。Lotus Quickrはそうした製品を整理し直したものであると見ることができる。

 企業向けSNSプラットフォーム、Lotus Connectionsについて。

 個々の機能を見れば、例えばDogearははてなブックマークであり、CommunitiesやProfiles、Blogsはmixiで提供されているような機能であると考えればよいが、これらをシームレスに連携することで、企業におけるソーシャルプラットフォームとして位置づけている。

ITmedia エンタープライズ:オープン化と革新が加速、Hannoverで新境地を開くNotes/Domino (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0601/24/news023.html

 2002年、かつてLotus部門を率いたアル・ゾラー元GMは「Notesの機能をJ2EEベースのモジュールとして書き換え、コラボレーションを“解放”する」とまで言い、後任のアンブッシュ・ゴヤール元GMも2003年に最初の電子メール製品を投入し、「Next Gen」ストラテジーを掲げた。

 しかし、Java標準への乗り遅れを過剰に恐れた一連のNext Gen構想は、顧客はもちろん、IBM自身も得るものは少なく、昨年のLotusphereでゴヤール氏も「“Notesプラス”“Dominoプラス”であるべきだ」とし、計画を葬り去った。IBM Workplace Client Technologyによってクライアントにもオープンな標準による統合機能が備わる中、熟成が進み、性能も改善されているDominoサーバをわざわざJ2EEコンポーネント化するメリットはなかったのだ。

 Lotus Notes/Dominoのセールスを統括するエド・ブリル部門執行役(Business Unit Executive)は、「われわれは多くのことを学んだ」と振り返る。

 Notesは、いよいよHannoverによって、Dominoの束縛から解放され、Dominoだけでなく企業内のさまざまなサーバやWebサービスのクライアントとして機能する。IBMがオープンスタンダード化を推進する当然の帰結だとブリル氏は話す。

 煽るのは楽しいのでいいのですが、db2storeみたいなことにならないといいなぁ。。。と切に願います。その他の記事は、Google newsでチェックしときます。


ITmedia エンタープライズ:Lotusphere 2006 Orlando Report
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/special/0601/lotusphere/

(関連)Notes/Dominoでちょっとコネタ: Notes/Domino 8 について
http://domblogjp.blogspot.com/2007/01/notesdomino-8.html

  1. 2007/01/24(水) 00:23:00|
  2. News|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

LotusScriptで誕生日から年齢を計算する

Is there a LotusScript function to calculate age given a date of birth?
http://searchdomino.techtarget.com/expert/KnowledgebaseAnswer/0,289625,sid4_gci900873,00.html

質問:

 誕生日から年齢を計算する関数はありますか? VBスクリプトにあるようなdate intervalや、dateadd、datesubと言った関数がLotusScriptにもありますか?

EXPERTによる返答:

 LotusScriptでは日付を扱う方法が2つある。日付/時刻型のvariantと、NotesDateTimeオブジェクトだ。両方とも”引き算”をサポートしている。日付/時刻型のvariantの場合の演算子は、”-”である。例えば:

daysOld = doc.DateOfBirth(0) - Today ' 年齢が日数で返される

 NotesDateTimeオブジェクトであれば、TimeDifferenceDouble とか TimeDifference 関数を使えばいい。

 しかしながら、日数で年齢を取得しても、自動的に年数で年齢を計算できるわけではない。なぜなら、年によって日数が異なるからだ。以下の関数は今年もう誕生日を過ぎたかどうかをチェックすることで年齢を正確に計算します。この関数は、LDD SandboxからダウンロードしたNotes Design Libraryからの引用だ。

Function age(dob, asofdate) ' the arguments are assumed to be of type date/time Dim dyr%, dmo% dyr = Year(asofdate) - Year(dob) dmo = Month(asofdate) - Month(dob) If dmo < 0 Or (dmo = 0 And Day(asofdate) < Day(dob)) Then ' their birthday has not yet arrived this year. age = dyr - 1 Else age = dyr End If End Function
This LotusScript was converted to HTML using the ls2html routine,
provided by Julian Robichaux at nsftools.com.

 ちょっとこれ見て思い出しのたので、メモっておきます。リンク先のIris Sandboxにある”Design Library Documentation”はNotes開発者用のコードライブラリで、”Design Library Repository”はフォームやビューのデザイン要素ライブラリ。

 ”Design Library Documentation”の方は、(だいたいどこの開発チームでも作られる・笑)汎用コードを集めたDBです。例えば誕生日計算なら、以下の@関数版も併記されています。

asofdate := @Today; REM "Or whatever date you want to calculate the age as of..."; @If(DOB = ""; @Return(""); ""); thisyear := @Year(asofdate); birthyear := @Year(DOB); thisday := @Month(asofdate)*31 + @Day(asofdate); birthday := @Month(DOB)*31 + @Day(DOB); thisyear - birthyear - @Max( @Sign(birthday-thisday); 0)

 ”Design Library Repository”の方は"DesignLibraryRep.ntf"そのものがフォームやビューの設計要素ライブラリとなっています。以前紹介した”Developer's Buddy”みたいな感じ。


(関連)簡単な年齢計算法 :AIT Consulting
http://domino.aitj.co.jp/Pub/Tips.nsf/($All)/a8235a9ec046a7d7492569bb0077d24c?OpenDocument

  1. 2007/01/14(日) 04:50:18|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notes 7.x とNotes 6.x の共存

ド壺 別Verの共存インストール方法
http://upsilon.blog.shinobi.jp/Entry/40/

 Lotus Notes 7.x とLotus Notes 6.x を同じマシンにインストールしないでください。代わりに、Notes 6.x をLotus Notes 7.x にアップグレードしてください。Lotus Notes 7.x と6.x を同じマシンにインストールすると、前にインス トールされていたNotes 6.x の操作に悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、OLE/COM の設定がNotes 7.x ディレクトリを指したり、デフォルトのメールクライアントの設定が変更されたりします。

 この点を理解した上で、 Notes 6.x がインストールされているマシンにNotes 7.x をインストールするには、次の手順に従います。 メモ: この手順を完了させるには、ローカルでの管理者の権限が必要です。この手順は、シングルユーザーイ ンストールにのみ適用でき、マルチユーザークライアントのインストールには適用できません。

  1. Notes Client およびコンピュータ上で実行されているNotes 関連のすべてのツール、ユーティリティ、ア ドインをシャットダウンします。
  2. Notes 6.x ディレクトリの名前を変更します。通常、Windows ではNotes 6.x は\Program Files\Lotus\Notes にインストールされています。たとえば、ディレクトリ名を"Notes6" に変更します。
  3. Notes レジストリキーHKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Lotus\Notes 全体の名前を変更します。たとえば、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Lotus\Notes6 という名前にします。
  4. インストーラーのレジストリキーHKEY_CURRENT_USER\Software\Lotus\Notes\Installer 全体の名前を変更します。 たとえば、HKEY_CURRENT_USER\Software\Lotus\Notes\Installer6という名前にします。
  5. Notes 7.x インストールプログラム(SETUP.EXE) を実行します。プログラムディレクトリとデータディレクト リ用の新しい場所を選択します。たとえば、\Program Files\Lotus\Notes7 と\Program Files\Lotus\Notes7\Data を選択します。
  6. インストール中に、「Error 1905.Module c:\program files\lotus\notes\nlsxbe .dll failed to unregister. HRESULT」というエラーメッセージが表示されることがあります。[OK] をクリックして、インストールを続行 します。
  7. インストールプログラムが完了したら、6.x ディレクトリを元のディレクトリ名(例: \Program Files\Lotus\Notes) に戻します

 オフィシャルリリースなやり方があったのね~。知らんかった~。言わずもがなですがサポート外です。

  1. 2007/01/11(木) 01:50:53|
  2. Admin|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

Notesメールは使いにくいという評価

その、裏側。:はじめてのお出勤 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/tmo/archives/51276461.html

ウィンドウズ98ゆずりと言わんばかりの操作性だ。
きっと改良してない。
いや、しててもxpに対応しただけに違いない。
恐るべしロータス。つぶれるぞロータス。

 10年前からまったく進化してないですからねぇ。。。逆に使いにくくなっていると思います。かゆいところを蚊に刺されたような。

 (たぶん)IT業界とは無縁のエンドユーザ様で、普通のメーラ使ったことある方が漏らす、まっとうな感想ではないかと思います。リンク先のサイトは、映像屋さん(?)のブログみたいです。・・・、フジロッカーなんすね(笑)。

 hannoverには「ふつーのWindowsアプリケーションのレベル」をまず目指して欲しいと思います。ほんとに。

 予想できるオチとしては、hannoverの主な新機能は「Vista対応」だけになるという、(いつもの)大山鳴動して鼠一匹パターン?


(関連)nsfl10n | Notesユーザーの望む新機能はより良いUI
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/blog-entry-13.html

  1. 2007/01/09(火) 00:44:25|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

DominoなWebサイト

 新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 Dominoサーバで構築されているWebサイトというのをGoogleでちょっと検索してみました。以下、検索結果順に10個。

第165回国会 議案の一覧
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/kaiji165.htm

上智大学四谷キャンパスアクセスガイド
http://www.sophia.ac.jp/J/sogo.nsf/Content/access_yotsuya

Symantec Knowledge Base Documents by ID
http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/nisjapanesekb.nsf/jp_docid/

鹿児島市交通局ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/koutuu.nsf

福岡県庁ホームページ [ 福岡県教育委員会のページ ]
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/wbase.nsf/doc/kyoiku_index.html

JR東海|お得なきっぷのご案内
http://jr-central.co.jp/service.nsf/doc/otokukip_menu

●新製品情報 HDサウンド対応 PCI デジタル・オーディオ・ボード 「SE-200PCI」
http://www2.jp.onkyo.com/what/news.nsf/view/se200pci?OpenDocument

Titleなし(JR九州:ニュースリリース)
http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/FirstPage?OpenPage

厚生労働省食品化学情報
http://www.ffcr.or.jp/zaidan/FFCRHOME.nsf/pages/info.mhw

教育委員会(徳島県)
http://www.pref.tokushima.jp/Generaladmin.nsf/WMV/B121?opendocument

 やっぱお役所系が多い? ちなみに僕がいつもお世話になっているDominoなサイトというとAdobeのヘルプサイトですね。

[225294]印刷に関するヒント集(Windows 版 Acrobat 7.0/Adobe Reader 7.0)
http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/AJ25.nsf/900f7bf03cd385244925696900084026/3d8a6509f3e6f0cb49256f570029e72f?OpenDocument

 こういったサイトを見ていると、Dominoでも割とフツーの見た目なサイトを作れるんですよね。Lotusのニュースリリースやナレッジベースはいまいちというか、パッとしないですが、割とまともな方だと思います。

IBM Lotus Notes and Domino 7.0.2 および Lotus Enterprise Integrator 7.0.2 の発表
http://www-06.ibm.com/jp/domino02/NewAIS/aisextr.nsf/ByLetterNo/LOT06066

IBM Lotus Customer Support : サポート技術情報 トップページ
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/lotus/support/faqs/faqs.nsf

 更にちなみに、醜悪なDominoなサイトはダントツで謎の有料団体のサイトですね。Google 検索結果のタイトルが「文書がみつかりません」って、どういうページ構造してるんだろうか。。。(2007/01/07現在)

 っていうか、曲がりなりにも”N/Dの利用を促進する団体”なんだから、こんなサイト作るのやめろよな。。。大した手間もコストもかからないんだから、デザイナー雇うなり外注に出すなりすりゃあいいのに。。。

NotesConsortiumホームページ
http://www.notescons.gr.jp/homepage/website.nsf

  1. 2007/01/07(日) 04:28:01|
  2. Admin|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
12 | 2007/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。