nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Notes の URI で RSS フィードを作成する

Creating RSS feed with Notes URI

 ノーツ開発者の多くがRSSフィードの構築方法を彼らのレパートリーに加え始めた。ネット上にはすでに多くの素晴らしい方法が生み出されている(Mike Goldingはとても簡単な、ステップバイステップなメソッドを彼のサイトで公開している)。

 この方法を使うと、Notes DB にある文書への RSS フィードを提示することが可能になります。通常は、RSS フィードは Web ブラウザを介してコンテンツにアクセスします。しかしながら、私の方法だと、Webブラウザの代わりに、Notes クライアントで文書をひっぱってくる必要がありました。スタンダードな HTTP URI の記述方法を使えるので、とても簡単です。

 XMLの一部を使ってこれを例示すると:

<item>
     <title>メールのBodyだけスペルチェックをする方法</title>
     <pubDate>Thu, 24 Feb 2005 10:39:25 PM -0400</pubDate>
     <description>1999年にこのR4.x用のTipをSearchDominoに投稿してその月のTopになった!</description>
     <link>notes:///85256FA500530C43/AllDocuments/CDEEB412F83130AA85256FB30010FBAC</link>
</item>

 <link> 参照要素は、HTTP を使った URI というよりかは、Notes の識別子であるということに注意してください。 ユーザーがこのフィードを RSS アグリゲータで見るときは、Notes クライアントで適当な文書を開けるでしょう。

 フィードの <link> 要素は、次のような式で構築することができるでしょう(通常はビューの列式や文書上でで計算されてますが)。

"<link>notes:///" + @ReplaceSubstring(@ReplicaID; ":"; "") + 
"/AllDocuments/" + @Text(@DocumentUniqueID) + "</link>

 ”AllDocuments”を、適当なビュー名かデザインIDに書き換えてください。

 フィードに合わせて、"全部Notesで"やりたいひとは、Steve Castledine のProjectDX Feed Readerとか、OpenNTF のStudio Blog Readerを使えばいいと思う。

=====引用ここまで=====

 RSS知らないと、なんのこっちゃ分からないと思いますが、こんな方法もあるのかというぐらいの Tip。あと、URIとURLは、似たような者だが、一応別物。

スポンサーサイト
  1. 2005/06/01(水) 02:24:42|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サーバにある全DBのカタログメールを作成する | ホーム | カスタムOK/キャンセルボタンと入力チェック>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/tb.php/19-4663cb66
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。