nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ナレッジマネジメント実践ドラマ


Amazon.co.jp: 思考停止企業: 本: ジャストシステム・エンタープライズソリューション協議会/JECS
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4478374899

 ナレッジマネジメントシステムを導入する企業のいきさつを物語風に書いた本、「思考停止企業」を読んでみました。

 KMというと、わたくしたちシステム寄りの人間はテクニカルな部分にフォーカスしがちですし、コンサル系のひとたちは小難しい言葉でわけの判らない話しかしないですし、某多国籍企業のひとたちに至ってはカネの話しかしないという状態で(苦笑)、改革プロジェクトチームに配属された事業会社の貴方は何をすればいいか。

 この本の中では営業支援システムというポータルサイトを構築することで経営課題の解決に挑むわけですが、経営課題の解決に資するKMシステムの導入を”ねばり強く”実践するサマをコンパクトにまとめた良書だと思います。

 所詮、システムは経営課題を解決するための道具にしか過ぎません。それをどう作って、どう使ってもらって、どうやって経営課題を解決するかというマクロな視点から全体を見渡しつつ、じゃあ具体的に何やったらいいの?っていうミクロな話が、業務改革プロジェクトのWBS的に描かれていて、業務に従事する方にとってのベストプラクティス的なものにはなり得るかと。

 特に、KMシステムというのは給与システムとかと違って「別になくてもいいよ」という心理的抵抗と戦わないといけないわけで、その部分の解決方法がこの本の真骨頂だと思います。またジャストシステムが出しているだけあって海外の翻訳物みたいな現実感のなさを感じることもありません。

 ちょっとオチの部分が急ぎ過ぎな観も否めませんが、特にシステムにとっての生命線である「使ってもらうにはどうしたらいいか」を描いた部分は涙なしでは読めません(笑)。

スポンサーサイト
  1. 2007/02/26(月) 00:01:42|
  2. KM|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Notes定点観測(Mar, 07) | ホーム | Notes技術者のお値段>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/tb.php/220-725cec26
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。