nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Notesはレッサーパンダの夢を見るか


 N/D8なのですが、試用前、わたしはてっきりNotesクライアントを作り直したともの勘違いしていました。でも実際、betaプログラムを使ってみると、そうではないというのが判って、まぁそんなもんかなとタラタラ試用しているうちに、これ根本的に戦略ミスをしているのではないだろうか、と不安になりました。

 むかし、mozillaというソフトウェアがあって、mozillaは図体がでかく、拡張性に乏しく、前時代のUIをひきずった、レガシーなソフトウェアとして恐竜のように死にそうな状態になってました。そこで開発者達はmozillaを一旦棄てて、当時軽量ブラウザとして超未熟だったPhoenixというソフトウェアをmozillaの後継として育てることにしました。その後、洗練されて、Firebird、Firefoxと名を変え、バージョン1をデビューさせました。

 なお、FirefoxもMozillaもレンダリングエンジンは同じGeckoでした。

 なんとなく、hannoverもこれと同じようなことをやってくれると思い、とても期待を寄せていたのですが、betaプログラムを使用する限り、(勝手に)予想していた戦略とは異なる不思議なソフトウェアであることが段々判ってきました。

 疑問に思う点は2つです。

 ひとつは、Eclipseベースのプラットフォームにオフィスソフトを付けて、それをフィーチャーしていますが、ライセンス代や教育費という高い金を払って既に導入しているMS Officeを、Notesのオマケで付いてくるOpenOfficeの出来損ないみたいなソフトで代替しようなんてバカはいない、ということです。これに対する戦略の説明がなされていないというのは疑問です。

 もうひとつは、上図の「Notes」の部分が全然変化していないと言うことです。一見、Eclipse RCP(Rich Client Platform)でパッと見のUIや使い勝手がXPっぽくキレイになっているのですが(遅いけど)、いかんせん、RCPから呼び出されるNotesアプリケーションの実行環境としてはなにも変わっていません。

 しかも、NotesとRCPの連結部分は、認証が統合されているぐらいの(悪い意味で)疎結合で、まだるっこしい使い勝手になっています。プリファレンス設定なんかは、RCPの設定を透過的にNotesの設定に反映させてるみたいなのですが、「二重」な部分が見え隠れして醜悪です。

 でまぁ、これを社内のNotesアプリ実行環境の後継として導入しようとした場合、このRCPの周辺機能は思いのほかジャマになることが予想されます。まだbetaプログラムの段階ですが、こんな重々(おもおも)なソフトウェアを導入できる企業・役所はなかなかないと思います。開発者がEclipseを使うときに我慢できる重さと、エンドユーザが申請書を提出する時に我慢できる重さは、明らかに、違うのです。

 結果的に、もし情報システム担当者がIBMからサポート切れというナイフを首に突きつけられたら、とりあえずNotes8のbasicの方を導入するのではないか。RCPを使ってクライアントに提供できる価値が見えてない、N/D8 standardとそのためのハードウェアアップグレードに投資して得られる価値の説明がつかないのではないかというのが、二つ目の疑問です。

 総じて、ちょっとこれhannover戦略の戦略ミスじゃないかと危惧しているのですが、いかがでしょうか。批評、反論、同意をお待ちしております。

 なお、Firefoxというのは、レッサーパンダ(Red panda)の別名。


 (画像引用元)Sandbox - Lotusphere 2007: ID101 - What's New in IBM Lotus Notes 8 - and Beyond
http://www-10.lotus.com/ldd/sandbox.nsf/905e6e55aabb7a8685256cb50053f18c/33207551bc4e43c7852572a5006fc5df?OpenDocument

スポンサーサイト
  1. 2007/03/26(月) 22:57:10|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<<Notesとは無縁のJavaアプリケーション | ホーム | プリビューペインで開いた文書を既読にする>>

コメント

「MS Officeに対して無料のOpenOfficeさえ乗り換えという話聞かないのにさらに機能が中途半端なIBM Productivity Toolsにユーザが流れる訳がない。」というのは以前私も別のブログでコメントしたことあります。

IBMの言い分では「ユーザはMS Officeの機能の何割しか使っていないのだから、これ(IBM Productivity Tools)でいいのだ。」という主張のようです。

売る側の論理で物事考えすぎで、買う側の心理がわかっていないですよ。主張を車に置き換えてみればよくわかります。
「ユーザは普通車・スポーツカーのスペックの何割しか使いこなせないのだから軽自動車でいいのだ。」
この言葉で客が普通車やスポーツカーから軽自動車に流れると思う?。

EclipseRCPベースのNotes8が重たいというのはたぶんクライアントPC側のスペックアップに下駄を預けた考え方しているからでしょう。

IBMのやっているのは戦略ミスというより確信犯的なブルドーザー的戦略ですね。
戦略を絞ったものでなく、なんでもかんでもやってればどれか生き残るだろう。って考え方が見え見えで出ています。

下記でNotesの3rdパーティ製品会社の方がIBMの戦略を「悩んだら両方やってしまえ。似た製品があれば顧客の好みに合わせよう」と言ってますがなるほどと思いました。

IBMコラボレーション製品は、どこへ向かうのか? - @IT情報マネジメント
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/special/lotusphere/01.html

確かに「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」とは言うがビッグブルーは巨大な財力で弾薬使いまくって四方八方に撃ちまくっている割りにはタダにしたeclipse以外は全く命中していないように見えるのは私だけ?
  1. 2007/03/27(火) 08:15:53 |
  2. NDOMINO-S #GE1Q478A
  3. [ 編集]

なるほど、私が駄文を労さずとも、すでに同じような指摘がなされていたのですね。
にしても、Lotus製品はNotes以外はほんとパッとしないものばっかですよね。。。
  1. 2007/03/28(水) 01:06:05 |
  2. chate #mQop/nM.
  3. [ 編集]

> ひとつは、Eclipseベースのプラットフォームにオフィスソフトを付けて、

これはまあインストーラでデフォルトでオンになってないので、メインのフィーチャーというわけではないのでは?まあ僕もあまり使う機会がないと思いますが。

> もうひとつは、上図の「Notes」の部分が全然変化していないと言うことです。

もしNotes nativeなところが変化していないというのなら、これはすでにWMCのNotes plug-inの時点で見えていたような。逆に、僕は「Notes」の部分を変化させたってあまり新しくは見えないんじゃないかなって思います。

基本的にこのNotesは、既存の機能をJavaベースで書き換えていくってことですよね。だからNotesの部分は変化しないのはまあそんなもんなのでは?
まずはすでに開発済みのNotes plug-in(Notesの埋め込みプラグイン)を使って実装して、今後Notes nativeなところをどんどん削っていってEclipseベースのところを増やしていくというのは開発としては妥当なセンじゃないでしょうか。実は僕はこれはまあ予想できたような感じです。

> プリファレンス設定なんかは、RCPの設定を透過的にNotesの設定に反映させてるみたいなのですが、「二重」な部分が見え隠れして醜悪です

これはEclipseがそうだったりします。EclipseももっとジェネリックなRCPアプリスタイルのプリファレンスが必要なのかもしれません。基本的にはEclipseはすべてプラグインベースなので、それぞれのプラグインのベンダーがそれぞれのプリファレンスページを提供するって感じでしょうか。まあまだこのあたりはNotesとしては統一性が必要ですね。

> EclipseRCPベースのNotes8が重たいというのはたぶんクライアントPC側のスペックアップに下駄を預けた考え方しているからでしょう。

そうでしょうね。
でもこれってめずらしいことではないのでは。初期のWindowsNTやMacOSXなんかは最初はかなり重くて話になりませんでした。MacOSXだとSafariのスクロールがページによって遅かったり。最近だとSunのNetBeansがJava5の上で走るようになってやっと使い物になるようになりました。

> エンドユーザが申請書を提出する時に我慢できる重さ

ベータ試して思いましたが、やっぱりパフォーマンスチューンアップは必要だと思います。これはやっぱりある程度時間が必要だと思います。

一般的なソフトウェアの開発の話をすると、パフォーマンスチューンアップはProfilerというものを使って行われます。新しい機能を入れたりすると、がらっとその結果が変わってきます。なので新機能をどんどん入れているようなバージョンはパフォーマンスに問題がでてきたりします。チューンアップの手法はすでにある程度確立されているので、最終的に製品が完成したあととか製品が落ち着いて来た頃にProfilerの結果も安定してきて、パフォーマンスがある程度でてくるようになってくるってのがパターンです。なので今話すのはちょっと早いかなと。

ちなみにGeckoが軽いという話がでていましたが、僕はUIは軽いとは思いません。特に個々のUIのウィジェットは、なんかもたもたしているところがあります。Firefoxが軽いのは、Browserのウィジェットにツールバーなどが付いたということですよね。Hannoverでは、そのBrowserウィジェットに相当するのがNotes plug-inだと思っています。HannoverではNotes plug-in自体は遅くないと思います。だから申請書を各作業はそれほど遅くならないと思います。もしそれがNotes plug-inでの作業なら。今は、Tab切り替えとかMailのJava viewとかが既存のNotesに比べてかなり遅いですね。そのあたりはなんとかしてほしいですね。

僕はそれよりもEclipseベースになったってところに重要性があるように感じています。Notes plug-in つまりDBの部分って実はもういいじゃんと思ってるのかもしれません。UIが古い以外はたいていのことはもうできちゃうので。というかNotesDBとかの開発はもうマイブームじゃないのかもしれません。単に私がEclipseのフレームワークが面白いと思っているだけだから?笑 でも、フレームワークを使うってことは、開発者に対してあることを実装するのに、あるひとつのやり方でしか開発者が実装できないようにすることなので、コードが見やすくなるし、バグも少なくなります。NotesDBプログラミングはやっぱりフレームワークじゃないので、あることをやるのにたくさんのやり方があって、開発者がそれぞれ自我流でそれぞれのやり方を行うので、大規模な開発になるほど、メンテがしずらくなるんですよね。
でもそのぶんNotesDBの開発者が不満を感じるのはわかります。

なんか言ってることがよくわからなくなりましたが。。。まあこれみてあれみて一憂一憂じゃなく、こういった新しいものはしばらく見ないと結果がわからないという感じです。(長文になってすみません。)
  1. 2007/03/29(木) 13:36:36 |
  2. idmatiiagts #olL7tcxU
  3. [ 編集]

こんばんは。

正直、あと5年は IBM Lotus Notes/Domino で RCP がメジャーにならないと考えています。( = hannover では無理かなー)

犯人はガースナー?サム?
IBM S/W の姿勢や方向がどうもおかしな方向に来ている気がします。

Client-Server としての制約を打破するべくこのような流れなのかも知れませんが、"歴史は繰り返す" の格言どおり、また C/S の流れが訪れるような気がしてなりません。(明確な根拠などないのですが…)

それよりも、無理に流れに乗ろうとしている現状を見ると、4 -> 4.6 の無理な Domino 化の流れに似たような不吉な匂いがしてます…。
  1. 2007/03/29(木) 23:38:49 |
  2. hattsu #-
  3. [ 編集]

# idmatiiagtsサマ:
>長文になってすみません。

いえいえ、長い文章を読んでいただいて恐縮です。ポジショントークになりがちな文章には批評、反論がないとバランス悪いですし。

Notes plug-in(Notesの埋め込みプラグイン)ってどこ行っちゃったんですかね。。。Lotus Notes for Windowsも大胆にリプレースしてくれて、Eclipseでnsfが作れるようになって欲しい!と思います。

たとえ使われないとしても、上位互換性のないソフトウェアは絶対採用されないと思うので、nsf2javaは待望してます。jazzyに。


# hattsuサマ:
>あと5年は IBM Lotus Notes/Domino で RCP がメジャーにならない

N/D8のパフォーマンスについては、まぁなんとかなると思ってるんですよ。でも、じゃあパフォーマンスが改善されたN/D8 standardをエンドユーザに使わせたいかというと、悩みますね。クライアント様に費用対効果の説明ができないっす。。。
  1. 2007/03/30(金) 00:42:28 |
  2. chate #mQop/nM.
  3. [ 編集]

>IBMの言い分では「ユーザはMS Officeの機能の何割しか使っていないのだから、これ(IBM Productivity Tools)でいいのだ。」という主張のようです。

そう言われると、「レッサーパンダ」というよりも、むしろLotus Componentsの夢再びという気がしてきますね…。
  1. 2007/04/02(月) 23:42:14 |
  2. John.K #zoBvLRYQ
  3. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/tb.php/234-43930c5c
03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。