nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

IBM、開発ツールセット「Workplace Designer 2.5」をリリース

IBM、開発ツールセット「Workplace Designer 2.5」をリリース - ZDNet Japan

Notes とは直接関係ない話なのですが、ibm.com から wokrplace designer 2.5 が正式リリースされました。trial はこちら。ベータ版でもデモ版でもちゃんと日本語版をリリースする microsoft.co.jp を見習って欲しいものですが(しつこいなオレも・苦笑)。。。

この手のニュースを読むときに注意しないといけないのが、ibm.com の話なのか、ibm.co.jp の話なのかというとこです。だいたい、ibm.com のニュースから数ヶ月後に、ibm.co.jp が地味にリリースします(苦笑)。

ただ ibm.co.jp に ibm.com と同等のサービスを期待するのは難しいです。結局、C API Toolkit 6.5 は localization されず終いでしたしね。こんなんで 「Notes/Dominoはまだまだ発展する」とか言っても、説得力ゼロ。

スポンサーサイト
  1. 2005/08/26(金) 20:24:33|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<WSE 2.5 無償ライセンスキャンペーン | ホーム | LotusDay 2005>>

コメント

私はWokrplace製品というのは、DB2 & WebsphereでNotes/Domino製品のデザイン感覚で焼きなおしたものとしか見ていません。

結局Wokrplace designerもDomino designerを使いこなす陣営をなんとかして引き込もうという「戦略商品」でしかないような気がします。

手厳しく言えば開発環境の整備という点ではNotes/DominoとJ2EEの連携・融合という課題はWebsphereの存在で対応を取り潰されて依頼、数年間全く何もされていないと私は思っています。

いまだにガーネット(Domino6のベータ版で詰まれていたアプリケーションサーバーのエンジンの開発コードネーム)やソウル(かつてDomino DesignerとWebSphere Studioの統合を実現するためのプロジェクトの開発コードネーム)をもう少しまじめにやってくれていればNotes/Dominoがレガシー的な停滞に陥らずに今もう少しましな状況になっていたかもしれないのに・・・・。と思えてならないんですよね。

特にソウルは発表当時はすごく期待してたのにいつのまにか取り潰していたのはしていた時は本当にあきれました。
参考:http://www.atmarkit.co.jp/news/200311/14/ibm.html
  1. 2005/08/30(火) 08:44:28 |
  2. NDOMINO-S #-
  3. [ 編集]

ソウルというのは、寡聞にして存じ上げませんでした。
ibmの人の言うことって、何年経ってもあんま変わりませんね。
その割には成果が全然出てこないというか。。。
  1. 2005/08/31(水) 00:48:57 |
  2. chate #-
  3. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/tb.php/61-6484aa34
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。