nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リッチテキストフィールドにボタンを追加する(l10n)


Append a Button to a Rich Text Field

Notes のリッチテキストフィールドに LotusScript を使ってボタンを追加するよくある方法は、先にボタンを作成して、それを profile 文書のリッチテキストフィールドに保存しておいて、必要なときにあらかじめ作っておいたボタンをコピーして追加することだ。

ラベル名やボタンに書くコードが static であれば、これはうまく機能するだろう。それに対して、ボタンを追加したいときに dynamic に変更したいのならそれは有効な解決策とは言えない。

ここに示したのは、NotesRichTextItem にボタンを追加するクラスだ。LotusScript や @関数から実行時に特定することができる。まずテンポラリーの文書上に DXL を使ってボタンを作成して、新しいボタンをコピーするのだ。Notes 6.5 以上で動く。

RichTextButtonClass.lss

====引用ここまで====


Bodyフィールド入りの文書が一個入ったDBのビューにアクションボタンを作って、lssファイルの中身をコピペすれば試せます。いまいち使い道が思いつかないのですが(苦笑)。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/06(火) 23:54:40|
  2. Designer|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<選択文書に対してビューアクションを実行する(l10n) | ホーム | 使いにくい業務システムが生まれる理由>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nsfl10n.blog9.fc2.com/tb.php/68-8c02414b
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。