nsfl10n

Lotus Notes/Domino のブログ。nsf:Notes Storage Facility。l10n:Localization。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

Notesとは無縁のJavaアプリケーション

IBMコラボレーション製品は、どこへ向かうのか? - @IT情報マネジメント
http://www.atmarkit.co.jp/im/cits/special/lotusphere/01.html

 一方、Notesを情報共有基盤としてエンドユーザー・コンピューティング花盛りだったころから独自設計のDBを使い込んでいる企業にとっては、“朗報”といえる情報は残念ながら少ないといわざるを得ない。

 コメント欄でご指摘いただいた、Notesの戦略に関する分析レポートです。総じて、なるほどなぁという感じでした。私の昨日のエントリを要約すると、↑こんな感じですね。たしかに。

マーケットリーダーは、いまでもLotus Notesなのだ。IBMは、チャレンジャーに対する防御を厚くして敵の目新しい動きを低コストで追従するという、マーケティングの教科書どおりの戦略(コストリーダーシップ)を取り始めたと考えられる。

 昨日書いたエントリの視点である「現在のNotesアプリの実行環境をベースにすると、N/D8はなにも変わってない」というのを、視点を変えると、コストリーダーシップ戦略のコインの裏だったということでしょうか。

Notesは、どこへ向かうのか?

 IBMおよびLotusの戦略について、先の仮説が正しければ、NotesはNotesとして順当に進化していくものと考えられる。

 でもこれはちょっと納得できない感じですね。とりあえず、N/D6、N/D7と何も変わってないので、N/D8もNotes実行環境だけ取り出してみると、何も変わってないというのは、勘弁して欲しいです。

Lotus Quickrの実体も、Notesとは無縁のJavaアプリケーション

 あと、なんというか、闇鍋は闇鍋で結構なのですが、これをN/D8とブランディングするのはどうなんだろう?と、betaを使ってると思います。どう見ても、Workplace + Notes + Sametime + その他なんだから、Workplaceのままにしておけばいいのに。そっちの方が、Workplaceという謎のソフトウェアグループ群にNotesが引きずり込まれることもないのになぁ、、、。

 ただまぁ、私がモヤモヤっと感じている不安というか不満というのがあながち的外れじゃない。というのが判って良かったです(良かったのか?・笑)

  1. 2007/03/28(水) 01:44:31|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Notesはレッサーパンダの夢を見るか


 N/D8なのですが、試用前、わたしはてっきりNotesクライアントを作り直したともの勘違いしていました。でも実際、betaプログラムを使ってみると、そうではないというのが判って、まぁそんなもんかなとタラタラ試用しているうちに、これ根本的に戦略ミスをしているのではないだろうか、と不安になりました。

 むかし、mozillaというソフトウェアがあって、mozillaは図体がでかく、拡張性に乏しく、前時代のUIをひきずった、レガシーなソフトウェアとして恐竜のように死にそうな状態になってました。そこで開発者達はmozillaを一旦棄てて、当時軽量ブラウザとして超未熟だったPhoenixというソフトウェアをmozillaの後継として育てることにしました。その後、洗練されて、Firebird、Firefoxと名を変え、バージョン1をデビューさせました。

 なお、FirefoxもMozillaもレンダリングエンジンは同じGeckoでした。

 なんとなく、hannoverもこれと同じようなことをやってくれると思い、とても期待を寄せていたのですが、betaプログラムを使用する限り、(勝手に)予想していた戦略とは異なる不思議なソフトウェアであることが段々判ってきました。

 疑問に思う点は2つです。

 ひとつは、Eclipseベースのプラットフォームにオフィスソフトを付けて、それをフィーチャーしていますが、ライセンス代や教育費という高い金を払って既に導入しているMS Officeを、Notesのオマケで付いてくるOpenOfficeの出来損ないみたいなソフトで代替しようなんてバカはいない、ということです。これに対する戦略の説明がなされていないというのは疑問です。

 もうひとつは、上図の「Notes」の部分が全然変化していないと言うことです。一見、Eclipse RCP(Rich Client Platform)でパッと見のUIや使い勝手がXPっぽくキレイになっているのですが(遅いけど)、いかんせん、RCPから呼び出されるNotesアプリケーションの実行環境としてはなにも変わっていません。

 しかも、NotesとRCPの連結部分は、認証が統合されているぐらいの(悪い意味で)疎結合で、まだるっこしい使い勝手になっています。プリファレンス設定なんかは、RCPの設定を透過的にNotesの設定に反映させてるみたいなのですが、「二重」な部分が見え隠れして醜悪です。

 でまぁ、これを社内のNotesアプリ実行環境の後継として導入しようとした場合、このRCPの周辺機能は思いのほかジャマになることが予想されます。まだbetaプログラムの段階ですが、こんな重々(おもおも)なソフトウェアを導入できる企業・役所はなかなかないと思います。開発者がEclipseを使うときに我慢できる重さと、エンドユーザが申請書を提出する時に我慢できる重さは、明らかに、違うのです。

 結果的に、もし情報システム担当者がIBMからサポート切れというナイフを首に突きつけられたら、とりあえずNotes8のbasicの方を導入するのではないか。RCPを使ってクライアントに提供できる価値が見えてない、N/D8 standardとそのためのハードウェアアップグレードに投資して得られる価値の説明がつかないのではないかというのが、二つ目の疑問です。

 総じて、ちょっとこれhannover戦略の戦略ミスじゃないかと危惧しているのですが、いかがでしょうか。批評、反論、同意をお待ちしております。

 なお、Firefoxというのは、レッサーパンダ(Red panda)の別名。


 (画像引用元)Sandbox - Lotusphere 2007: ID101 - What's New in IBM Lotus Notes 8 - and Beyond
http://www-10.lotus.com/ldd/sandbox.nsf/905e6e55aabb7a8685256cb50053f18c/33207551bc4e43c7852572a5006fc5df?OpenDocument

  1. 2007/03/26(月) 22:57:10|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

プリビューペインで開いた文書を既読にする


IBM developerWorks : Blogs : Designing the User Experience for Lotus Notes and Sametime
http://www-03.ibm.com/developerworks/blogs/page/marybeth?entry=mark_documents_read_when_opened

このプリファレンスをデフォルトでONにすべきでしょうか、それともOFFにすべきでしょうか。フォーラムを見ていると多くの人がプリファレンスでこれをONにしているようですので、デフォルトをどちらにするべきか悩んでいます。

 Notesプリファレンス設定の「プレビューしたら既読にする」についてのbetaアンケートです。訳文はURTさんから引用させていただきました。わたしは、ON派ですね。。。というのも、Notesをインストールしたときに変えるプリファレンス設定は、

  • 3Dワークスペースをオフにする
  • 右ダブルクリックでウィンドウを閉じる
  • プレビューしたら既読にする

の、3つだからです。。。ただ、これも”個人的には”って話です。ということで、

My vote:ON by default.


 また、こういうエントリは、得てしてコメント欄の方が充実していたりするのですが、これもその典型です(ドミ懇とかだと読み応えのある議論って全然ないけど・苦笑)。

 曰く、「デフォルトONがいい」「僕はデフォルトONがいいけど、エンドユーザは違う」「ポリシーで変えられるならどっちでもいい」「アプリとメールで動きを変えられるようにしたい」「そんなのムダ」「全部読んだ/一部読んだ、を判るようにしたい」とかとか。

  1. 2007/03/25(日) 13:20:11|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファイルメニューの変更点とその理由

ファイルメニューの変更点とその理由 - Unauthorized Random Translations
http://tomioka.vox.com/library/post/what-we-changed-in-the-file-menu-and-why.html

パブリックベータ公開後最初の業務日ですでに4,000ダウンロードを記録し、パブリックベータフォーラムで約500件のコメントを頂いています。

なんて凄いことでしょう。

このエントリーでは、ファイルメニューの変更点とその理由を紹介します。

 最近のUnauthorized Random Translationsさんは、とてもためになるエントリをポストしてくれてます。ibm.co.jpが英語の資料しか提供してくれないなか、N/D8の理解の一助になります。

  1. 2007/03/24(土) 15:09:56|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

誰も使ってないぞ?

:::らっぱ吹きの日々:::: 家のPCがやっぱり一番
http://trumpetplayer.spaces.live.com/Blog/cns!140BCD51A39D1002!1218.entry

システム修繕費に1億円だかの金が掛かるそうで、全然進んでないとか。金が無いならLotus Notesの最新版なんか入れんな!っつーの。誰も使ってないぞ。

 別にこういう記事をセレクトしているわけじゃないんですけどねぇ。。。

  1. 2007/03/21(水) 01:37:38|
  2. Client|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
前のページ 次のページ
01 | 2017/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Search

Featured Entries

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Ads

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。